曲がらない変化球サンデー料理 - 現身日和 【うつせみびより】

曲がらない変化球サンデー料理

いつものサンデー

PENTAX K10D+TAMRON 28-75mm f2.8



 今週のサンデー料理も、私にとってのノーマル料理に終始した。良く言えば自分のスタイルを確立したということだし、悪く言えばマンネリに陥っているということになる。
 そんな中でも、少しは変化をつけて、これまで作ったものとまったく同じものは作らないように心がけている。曲がらないスライダーのような変化球を、本人はカットボールと言い張っているようなものかもしれないけど。

 今回、メインで作りたかったのが、スイートチリのエビ料理だった。100円ショップで売っていたスイートチリソースというのを買ったので、それを使った料理を作ってみたかった。
 エビの下処理をして、塩、コショウ、白ワインを振って、しばらく置く。
 ショウガ、ニンニクをごま油で炒め、刻みタマネギと豆板醤を投入する。
 しばらく炒めたあと、エビを追加する。白ワイン、みりん、塩、コショウ、砂糖、中華の素、スイートチリソースを入れる。
 後半で、絹ごし豆腐、トマト、アスパラを追加する。豆腐は水切りしないで、サイコロ切りしたものを使う。
 全体にソースを絡め、弱火で少し煮込んだら完成だ。
 スイートチリソース特有の甘くてピリ辛な味がよく合った。豆板醤を使わなくても辛みは出るから、豆板醤抜きのバージョンでもいい。

 右は失敗した白身魚団子のなれの果てだ。
 魚を刻んで叩いて、細かく刻んだしめじと混ぜ合わせる。刻み長ネギ、片栗粉、塩、コショウ、唐辛子で下味をつける。
 あとは団子状にして揚げ焼きすればできあがりのはずが、つなぎが足りなかったのか、焼いている最中にすっかり形が崩れてしまった。またいつものパターンだ。ひっくり返したら、ますますぐずぐずになってしまったので、団子はあきらめて、崩しながら焼いた。
 なんと形容していいのか分からないけど、焼いたものをレタスに乗せて食べた。これが意外と美味しかった。料理としては失敗も、味は失敗じゃなかった。食べられればいいというわけではないけれど。

 奥はジャガイモとニンジンのチーズマヨネーズ和えみたいなものだ。
 ジャガイモは乱切りにして、水にさらす。
 ジャガイモとニンジンを柔らかくなるまで下茹でする。
 オリーブオイルで鶏肉を炒める。
 ジャガイモとニンジンを加え、白ワインと塩、コショウ、コンソメの素で炒める。
 ソースは、バター、とろけるチーズ、マヨネーズ、コンソメの素、マスタード、カレー粉、塩、黒コショウ、砂糖、青のりを混ぜ合わせて作る。
 美味しいのでオススメできる。

 夏まつりシーズンは、今週末の名古屋ど真ん中まつりで一段落した。9月に少し延長戦があるけど、もうほぼ祭りは終わった。気づけば8月も残りわずかとなった。
 今月は週末に遠出することが多くて、サンデー料理に力を入れられなかった。来月以降は、もう少し趣味の料理らしいものを作っていきたいと思っている。ズバリ、直球勝負のような料理も作れるようになりたい。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/1896-aa787b65