1/1ガンダムは夢の巨大プラモデル - 現身日和 【うつせみびより】

1/1ガンダムは夢の巨大プラモデル

静岡ガンダム-1

PENTAX K10D+PENTAX DA 16-45mm f4 / DA 55-300mm f4-5.8



 東静岡駅前に立つ1/1等身大ガンダムを見てきた。
 3月までここにいるというから、そのうち行けばいいやと油断していたら、どうやらもろもろのイベントが8月いっぱいで一段落してしまうらしいので、それなら8月中に行っておいた方がいいだろうということになった。
 2009年の去年、7月から8月にかけてお台場で披露されたのが、この1/1ガンダムだった。かなり話題になり、ひと月で415万人の見学者が訪れたという。
 ファーストガンダムのオンタイム世代でもあり、一番最初に発売されたガンダムのプラモデルをオモチャ屋に並んで買った私としては、見に行きたい気持ちもありつつ、行きそびれてしまった。心の中の言い訳としては、自分はガンダムよりマクロス派だからさ、というものだった。バルキリーの等身大が作られたら飛んでいくかといわれると微妙だけど。
 あのガンダムが、静岡に来ることが決まったときは、それなら行こうと心は決まった。欲を言えば浜松くらいにしてもらえると近くて助かるのになどと思いつつ、東静岡なら充分行ける距離だ。
 静岡駅ではなく東静岡駅になったのは、駅前の土地を市が所有していて、近々建てる何か(何を建てるかは知らない)のためのスペースが空いていたからという事情だったようだ。静岡で乗り換えをしないといけないから面倒なのと、東静岡にはこれといった見所がないのが難点だ。
 それはともかくとして、東静岡駅前では、静岡ホビーフェアというものも開催されている。
 静岡には、タミヤ、ハセガワ、アオシマ、フジミなどのメーカーが集まり、国内生産のプラモデルの8割近くが静岡で生産されているという。静岡は模型の世界首都を名乗っている。
 ガンプラを発売しているバンダイの本社は東京(浅草発祥)ではあるけど、企画から生産まで一貫して行ってきたのは、静岡にあるバンダイホビーセンターだった。
 静岡ホビーショーの歴史は古く、昭和34年(1959年)に第一回が開催されている。当時は生産者見本市という名称で、業者相手のおもちゃ見本市だった。場所は15代将軍徳川慶喜の旧住居である浮月楼だったというから、歴史を感じさせる。
 翌年は模型船舶見本市という名称で、初めて一般公開された。
 昭和37年の第4回からプラモデルがメインの見本市となり、今年が49回目となる。
 2010年はガンプラの発売30周年ということで、静岡で開かれるホビーフェアに等身大ガンダムが立つというのは、ふさわしいイベントといえるだろう。
 1/1ガンダムは、ホビーフェア期間中の2011年3月27日までここにいる。その後、他の県に行く予定もあるそうで、名古屋も立候補しているらしい。名古屋とガンダムには実は深い縁があって、アニメのガンダムは、名古屋テレビ(メ~テレ)をキー局として全国に放映していたのだった(制作は日本サンライズ)。だから、ガンダムが名古屋にやって来る可能性はあり得る。
 最終的にはバンダイホビーセンターの敷地内で保存されることになるそうだ。

静岡ガンダム-2

 東静岡駅から見るガンダム。
 全長は18メートルだから、ビルでいうと6階建てくらいの高さになる(台に乗っているからもう少し高い)。
 大きいといえば大きいし、意外とそうでもないという感想を持つ人も多いようだ。
 こうして街中に立っている姿を遠巻きに眺めてみると、とてもリアリティーのある大きさだということが分かる。現実離れした超巨大なものでもなく、拍子抜けするほど小さくもない。程よいサイズに、あらためて設定の正しさを知る。
 新幹線や東海道本線の列車の中からもよく見える。車内では、あっ、ガンダムだという声があちこちから聞こえた。ファーストコンタクトということもあり、もしかしたら列車から見るガンダムが一番感動的かもしれない。
 静岡といえば富士山で、位置的には富士山をバックにしたガンダムというのが期待されるところではあるのだけど、夏場はかすんでほとんど富士山は見えないそうだ。この日もまったく見えなかった。夏にくっきり見えるのは数えるほどというから、富士山バックに写真を撮れたらかなり運がいい。

静岡ガンダム-3

 ガンダムに特別な思い入れはなくても、物珍しいものだから、とりあえず写真を撮りたいという気持ちになるのだろう。
 隣にはアルソックのビルが建っている。井上康生がガンダムの周りを走り、レスリングの吉田沙保里が出てきてガンダムを肩車するような演出があるといい。

静岡ガンダム-4

 土曜日ということもあり、なかなかの集まり具合だった。始まったのが7月24日だったから、そろそろ一月になろうとしている。夏休みということもあるだろうけど、まだまだ人気は継続しているようだ。
 会場に着いたとき、ちょうどショータイムの時間だった。1時間ごとに首が動いたり、ミストを出したりという演出が行われる。
 夕方からはライトアップも行われ、内蔵したライトが光ったりもするそうだ。ライトアップは8月いっぱいのようだから、夜に行く予定があるなら8月中に行くべきだろう。
 9月からは演出やイベントなどが夕方6時までとなり(8月中は夜8時まで)、10月、11月はそれらは休止状態に入る。12月から演出などは再開して、1月10日まで行われる予定となっている。 

静岡ガンダム-5

 あ、目が合った。
 お台場のときとの一番大きな違いは、右手にビームサーベルを持っているところだ。だから、背中の片方のビームサーベルは当然ない。
 写真で見比べたところ、貼られているシールなど、細かい部分でマイナーチェンジしている。あちこち手を加えているようだ。

静岡ガンダム-6

 どの角度から撮るとカッコイイのかを探りつつ、一周回ってみることにする。
 昼間の光だから、今ひとつ面白くない。午後は正面からは順光で、後ろからは逆行になる。
 この写真はラッカーで着色したプラモデル風に仕上げてみた。

静岡ガンダム-7

 周囲に高いビルは、アルソックと、このNTTドコモ静岡ビルくらいなのだけど、他にも障害物が多くて、撮影のロケーションとしてはあまりよくない。お台場の潮風公園では、開けた空間にポツンと立っている感じだったから、あちらの方が写真は撮りやすかったに違いない。
 行列に並ぶと、撮影台からの撮影と、近くまで行ってのタッチ&ウォークというのができる。けれど、撮影台に行くと強制的に記念写真を撮られ、半強制的にその写真を買わされるという遊園地のジェットコースター商売のようなことをやっていたので、それはパスした。足の下まで行っての撮影やお触りも、長い列を見たらその気になれなかった。

静岡ガンダム-8

 後ろ姿も、もちろん、手を抜いていない。しっかり作り込んでいる。
 けど、後ろへ回って悟ったのは、これは等身大でガンダムというロボットを再現したものではなく、ガンダムのプラモデルを1/1に大きくしたものなんだ、ということだった。同じことのようで、全然違う。
 1/1ガンダムを近くで見て、意外とリアリティがないと感じた人も多かったんじゃないだろうか。けど、これは大きなプラモデルなんだと思って見たとき、なるほどそういうことかと、妙に納得した。腑に落ちたと言ってもいい。これは夢のガンプラだったのだ。

静岡ガンダム-9

 太陽を正面から受けてシルエットになるガンダム。

静岡ガンダム-10

 会場には富士宮焼きそばをはじめとして、いろんな屋台が出ていた。まるっきりのお祭りムードで、家族連れや友達同士、カップルから一人撮影の人まで、客層は幅広い。ガンダムを見に来たとは思えないような人たちもたくさんいた。お祭り会場の中央に立つガンダムというのも、なんだかシュールな光景に思えた。

静岡ガンダム-11

 できることなら、夕焼け時間からライトアップされる夜にかけて写真を撮りたかったのだけど、他にも行く予定の場所があって、それは実現しなかった。
 一つイメージしたのは、雨降りの夜というシーンだった。ライトアップされる中、降る雨がガンダムに当たって弾けるところを望遠で撮りたい。最高にカッコイイはずだ。
 来年3月までこの場所に立っているということだから、それまでにはもう一度くらい行けるチャンスもあるだろう。ライトアップの雨降りが無理なら、夕日を浴びる富士山をバックにしたガンダムがいい。冠雪した富士山とガンダムがピンク色に染まっていたら言うことはない。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

燃え上がれ~ガンダム♪

こんばんは。
燃え上がっているのは連日の気温ですね。
とうとう行かれましたか静岡ガンダム、こっちは秋に行こうかと思って
ましたが、演出やタッチ&ウォークが無いようですね。
ま、それはそれでいいんで涼しい時に昼間と夕方&夜を撮ってみようと
思っています。その時は有休使って、空いてる平日に行くつもりです。

>これは等身大でガンダムというロボットを再現したものではなく、
>ガンダムのプラモデルを1/1に大きくしたものなんだ、ということだった。
言いえて妙ですね、現実にはガンダムが存在しないわけですから。
しかし、オオタさんがマクロス派だとは思いませんでした。
自分は高校の時に月に1.2回土曜の午後に友人の家で麻雀大会を
やって、夕方名古屋TVのロボットアニメで休憩、夕食、宴会のパターン
でした、その時にボトムズ、ザブングルなんかを放映してましたね。
オオタさんもアニメ見てたのかとちょっと親近感。
社会人になってはまったのは攻殻機動隊とエヴァですが。

2010-08-24 21:09 | from mihopapa | Edit

1/1ガンダムですか。お台場の時も
「どうせなら、NYの自由の女神みたいにずっと展示すればいいのに」
と思ったものです。
二枚目の写真を見て「町中に巨大ロボットがあったらこう見える」
という感じがしました。

2010-08-24 21:29 | from しゅう | Edit

マクロス

★mihopapa さん

 こんにちは。
 静岡ガンダムも、なかなかの燃え具合でした。
 けど、アニメ系の人たちは意外に少なくて、家族連れの行楽地という感じです。
 他についでがあったので、思いがけず早く見に行くことになりました。
 mihopapa さんは秋ですか。
 ライトアップがないのが残念だけど、その方がゆっくり写真を撮れると思います。
 夏休みの週末はけっこうな賑わいだろうから。

 コミックは大学卒業してから、パタッと読まなくなってしまったのだけど、アニメはずっと観てます。
 昔から一通り観てますよ。
 特に好きだったのがマクロスで。
 リン・ミンメイの歌もまだたくさん歌えます。
 アニメではマクロス、コミックではタッチが、私の中でとても大事なものとして残ってます。

2010-08-24 22:42 | from オオタ | Edit

また撮りたいガンダム

★しゅうさん

 こんにちは。

 お台場ガンダムのときは、なんとなく他人事という感じだったのだけど、静岡となったら俄然身近に感じて、見に行ってきました。
 次に名古屋に来てくれないかなぁ。いろんな時間帯や光の条件で撮ってみたい被写体です。
 静岡で静態保存されるなら、そのうちまた見に行けるかな。

2010-08-24 22:44 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/1890-b3d7da78