ソフトランディングサンデー料理 - 現身日和 【うつせみびより】

ソフトランディングサンデー料理

少しイメージずれサンデー

PENTAX K10D+TAMRON 28-75mm f2.8



 ぼんやりとしたイメージを抱いて、見切り発車で作った料理は、自分が目指した着地点とは別の場所に不時着する。ソフトランディングのときもあるし、ハードランディングの場合もある。今日は結果オーライの軟着陸だった。
 完成図が頭に描けていないと、かなりの確率でイメージとは違う料理が出来上がる。そもそも開始時点から問題がある。希望的観測で、なんとなく上手くできるのではないかという予測は、たいがい外れる。頭の中ではもっと美味しそうな予想図を描いているのに、完成品を見るとなんとなく違う。雑誌でモデルが着ていた服を買って自分が着てみた感じとでも言おうか。現実はそんなに甘くない。
 でもまあ、最近、まずいものはなくなった。どれも美味しく食べられているから、その点では成長しているという実感がある。自分の好きな味付けで作ってるし、嫌いなものは作らないから、嫌なおかずは当然ない。失敗するとすれば、味付けが濃すぎたときくらいだ。今日は全体的なバランスも、まずまずよかった。

 手前は、マグロのカレー味照り焼きみたいな料理だ。
 酒、しょう油、みりん、白だし、ショウガ、塩、コショウのたれに、マグロの切り身をしばらく浸ける。
 ビニール袋に、カタクリ粉とカレー粉、取り出したマグロを入れ、よく振って粉をまぶす。
 オリーブオイルでタマネギを炒め、しんなりしたらマグロとトマトを入れ、たれを回し入れて炒めていく。
 マグロがごちそうになる一品なので、オススメしたい。カレー粉が効いている。

 右はなんと呼んだらいいのか分からない料理なのだけど、基本は豆腐料理だ。
 キャベツとニンジンをごま油で炒める。
 そこへある程度水切りした絹ごし豆腐、エビ、ワンタンの皮を加える。
 酒、みりん、白だし、水を入れて、しばらく煮込む。
 中華の素、塩、コショウ、白ごま、刻んだ大葉、唐辛子、ラー油で味付けをする。
 なんとも形容しがたい料理ではあるけど、けっこう美味しかった。

 奥はイメージから大きくずれた完成となった。
 ジャガイモのたこ焼き風といったようなものを作ろうとして、上手くいかなかった。
 皮付きのままジャガイモをラップでくるんで、何ヶ所か穴を開ける。まず3分、その後ひっくり返して3分くらい加熱する。竹串が通るくらい柔らかくする。固い場合はレンジの加熱を追加する。
 ジャガイモの皮を剥いて、つぶす。
 溶き卵、マヨネーズ、小麦粉、パン粉、とろけるチーズ、青のり、塩、コショウ、ダシの素と、つぶしたジャガイモをよく混ぜ合わせる。
 それを団子にして焼こうと思っていたら、思いのほか柔らかくて丸くできなかった。仕方がないのでスプーンですくってフライパンで焼くことにした。
 たれは、酒、みりん、しょう油、砂糖、ソース、塩、コショウをひと煮立ちさせたものをかける。上にかつお節とマヨネーズをかければ完成だ。
 ふわふわ食感で私好みになったから、これはこれでよかったのだけど、せっかくならもう少し見た目をなんとかしたかった。丸くするのはあきらめて、いっそのことお好み焼きみたいにした方がよかったかもしれない。

 料理なんて腹に入ってしまえば同じ、と言ってしまうと身も蓋もない。料理は目でも楽しむものだという意見に賛同したい。上品な料理を作るには、まだまだ修行が足りないことを痛感する。
 今後も楽しみながら、でも上達を目指して、サンデー料理を続けていきたい。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/1770-578d76f9