小牧空港を回って戻る帰り道 - 現身日和 【うつせみびより】

小牧空港を回って戻る帰り道

自転車春日井-1

PENTAX K10D+PENTAX DA 55-300mm f4-5.8



 洗堰緑地で桜を見たあと、春日井を回って帰る途中に名古屋空港にも寄っていった。
 名古屋空港のことを地元の人間はよく小牧空港と言う。中部国際空港セントレアができる前からだ。私もそう呼ぶことが多い。けれど、よくよく地図を見ると、飛行場の大部分はイチローの地元として知られる豊山町にあって、小牧市は一部でしかないことに気がつく。北は春日井市、南西の一部は名古屋市北区でもある。
 少しややこしいので整理する必要がある。名古屋空港は現在、正式名が名古屋飛行場となっている。大部分の便がセントレアに移ったことで、第二種空港から飛行場になった。国の管轄でもなく、県営だ。地図には県営名古屋空港と表記されていたりするけど、これは正式名ではない。
 東には航空自衛隊小牧基地が隣接していて、滑走路を共有しているものの、管理はまた別になっている。だから、小牧飛行場というとどちらのことを指すのか、一瞬よく分からず考えてしまう。
 上の写真で遠くに見えているのは小牧城の模造天守だ。復元ではなく、模造の天守閣で、中は資料館になっている。
 そんなわけで、正しくは名古屋飛行場と呼ぶべきなのだろうけど、昔からの習慣で、いまだに小牧空港と呼んでしまいがちだ。

自転車春日井-2

 視線を東へやると、航空自衛隊小牧基地が見える。水色の機体は、ここらまわりをよく飛んでいるやつだと思う。

自転車春日井-3

 なんとか一機だけでも着陸するシーンを撮ろうと20分ほど待ってみたけど、やって来ないのであきらめた。昔はひっきりなしに離発着していたのに、今は国内線の飛行機が1時間に一機くらい降り立つ程度になった。タイミングが合わないとずいぶん待つことになる。
 しばらく待っていたら、一機が滑走路を進んできた。これから離陸する便だろうけど、そんなにすぐには飛ばないだろうし、離陸は向こう側へするから、こちら側からでは遠すぎてほとんど撮れない。
 飛行機撮りは去年一度この場所でやった。そのときも中途半端に終わったからもう一度来たいと思っていたけど、ついでに寄る程度では撮れないことが分かった。次は時刻表を調べて、飛行場の中から撮ることにしよう。

自転車春日井-4

 ヘリコプターが飛んできたので撮ってみる。
 何にしても、飛行場では300mm望遠では太刀打ちできない。何もかもが遠い。せめて500mmは欲しい。

自転車春日井-5

 春日井王子製紙の煙突。
 王子バラ園はよく行くから、あの煙突はお馴染みだ。バラはもう少し先だけど、そんなに先でもない。あとひと月もすればバラの季節がやって来る。

自転車春日井-6

 鉄塔のてっぺんに置かれた丸いのは何だろう。給水塔にしては小さいし、そもそもあんなところに給水塔を置く意味がない。電波関係の何かだろうか。

自転車春日井-7

 空港からの帰り道。
 ノルタルジックな風景を見つけては撮る。

自転車春日井-8

 城北線の高架。味美駅の近く。
 この下もこれまで何度となく通っていたのに、ここを電車が走っていることに気づいたことがなかった。
 自転車だから気づけることもたくさんある。

自転車春日井-9

 南北に走る名鉄小牧線。二子山古墳近くの踏切。
 北区の上飯田駅と犬山市の犬山駅を結ぶ名鉄の路線で、この電車も私には馴染みがない。
 昔は名鉄といえば赤い車両と決まっていたのに、いつの間にかステンレスの車両ばかりになってしまった。瀬戸電もだんだん切り替わっていくようだし、赤い電車は今後希少な存在になっていく。

自転車春日井-10

 勝川あたりでようやく飛行機が飛んできた。あのまま待っていたら、更に15分も待つことになっていた。
 ちょうど空が開けたところで撮れたからよしとしよう。

自転車春日井-11

 城北線を意識するようになったら、電車が見えた。今まで目にしていたのかもしれないけど意識していなかったせいで認識できていなかった。こんな風に家々の屋根の上あたりを走っていく。
 朝夕の通勤、通学時間はそこそこ混むようだけど、昼間はがらんどうのまま一両で走っているらしい。名古屋市内を走っているとは思えないローカルな風情が漂う。

自転車春日井-12

 庄内川を渡って、小幡緑地の近く。このあたりは高台になっていて、遠くを見渡すことができる。空が少しだけ焼けた。

自転車春日井-13

 日が落ちて、ライトをつけた瀬戸電が近づいてくるところ。
 なんだかんだで5時間くらい自転車に乗っていた。だいぶ慣れて、行ける距離も分かってきた。これからも半径15キロ以内を巡りつつ、少しずつ距離を伸ばしていきたい。余裕を残して片道20キロを往復できるようになると、かなり行動範囲が広がる。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/1753-b263da05