洗堰緑地の桜トンネル再訪 - 現身日和 【うつせみびより】

洗堰緑地の桜トンネル再訪

洗堰-1

PENTAX K10D+PENTAX DA 55-300mm f4-5.8



 黒川を北上して夫婦橋付近まで行ったところで、桜並木は途切れる。黒川はこの先、北を流れる矢田川の地下を通るためにいったん地上から姿を消す。
 次に向かったのは、洗堰緑地(あらいぜきりょくち)だった。
 庄内川を真ん中に、南に矢田川、北に新川・新地蔵川が流れるこのあたりの地形は、かなり複雑なことになっている。庄内川は大きな川で、大雨で氾濫すると大変なことになる。南には名古屋城があるため、南側が溢れないように北側にはわざと堤防を作らず、庄内川が溢れたときは北の新川に水が流れるように逃げ場を作った。それが新川洗堰だ。北側の地域に住む人たちにとってはたまったものではないこの構図によって、東海豪雨のときはかなりの被害が出たそうだ。苦肉の洪水対策とはいえ、かなり無茶な発想だ。
 そんな洗堰緑地を訪れたのは、桜が目当てだった。ここも以前、黒川の桜を見にいったときに一度行っている。
 三階橋を渡って、矢田川沿いの道を行った。吹きさらしの強風に吹かれ、猛烈に寒かった。水辺は危険だ。3月から始まった自転車散策は、今のところ自転車は寒いという印象しかない。夏になると自転車は無茶苦茶暑いということになるのだろう。
 上の写真は41号線の手前の矢田川沿いの土手だ。もうこのあたりから洗堰緑地は始まっているのかもしれない。
 川向こうには高層マンションのザ・シーン城北が建っている。

洗堰-2

 庄内川と矢田川に挟まれた河川敷に、不思議な光景が広がっていた。
 なんだこりゃ、と思う。
 単なる畑ではなく、独立村みたいな景観だ。畑にはいろいろな野菜が植えられ、ところどこには菜の花や桜が咲いている。小さなビニールハウスや物置小屋も点在していて、農作業をしている人もいる。
 こんな光景が何の前触れもなく川岸に突然現れるから驚く。もちろん、許可は取ってあるのだろうけど、こういう河川敷というのはそもそも誰の土地なのだろう。個人の地主がいるのだろうか。

洗堰-3

 洗堰緑地というと、庄内川沿いにずっと西へ行ったところという感覚があるのだけど、名古屋城のほぼ真北で、少し西へ行くと庄内緑地がある。だから、名古屋駅ともさほど離れていない。ビル群も近くに見える。手前は、このあたりでは珍しい河川敷のラグビーグラウンドだ。

洗堰-4

 洗堰緑地に桜があるらしいという曖昧な情報を頼りに初めて訪れたときは、なかなか桜を見つけることができず、ずいぶん探し回った。川沿いに桜はなく、桜トンネルがあるのは北へ少し行った蛇池公園とその周辺だ。

洗堰-5

 ここの桜トンネルが印象的で、もう一度見たいと思っていた。
 高台にあるから、桜の木は無事だったようだ。大きく育って、きれいな桜トンネルを作っている。数百メートルではあるけど、この桜トンネルはいい。車の通行が多いので、ゆっくり桜を撮れないのが少し残念ではある。

洗堰-6

 桜トンネルの下をいく自転車高校生カップルを一度撮ってみたいとずっと思っていて実現していないのは、桜が咲いているのは春休みの期間だからだ。部活で学校へ行く生徒もいるはずだけど、今のところ幸運には恵まれていない。
 確か明日は公立の入学式のはずだ。もしかしたらチャンスがあるかもしれない。どこかでいいシーンに出会えるといいけど。

洗堰-7

 蛇池公園(じゃいけこうえん)の周囲も桜が植えられている。ここは一段低くなっているから、豪雨のときの影響を受けたようだ。それでもあれから10年経って、当時の傷跡も消えつつある。
 真ん中の池が蛇池で、昔から大蛇がすんでいるといわれたことから、この名がつけられた。信長はその話を聞いて、それならオレが捕まえてやると、村人に水を抜かせて自ら池に入って蛇を探したという逸話が残っている。結局、大蛇は見つからず、信長はあきらめて帰ったそうだ。

洗堰-8

 ハスの名残風景。
 このときは風が強くて水面が乱れて駄目だった。方角もちょうど西向きだし、風のない夕焼けのときなら面白い写真が撮れそうだ。

洗堰-9

 蛇池公園に遊びに来た小学生の女の子たち。春休みらしいワンシーン。

洗堰-10

 遊具の上の小学生たち。サル山のサルみたいと言ったら怒られるか。

洗堰-11

 桜トンネルを下から。

洗堰-12

 洗堰緑地の桜を撮ったところで帰路につく。
 そのまま来た道を引き返すのは詰まらないので、春日井方面から回っていくことにした。途中で名古屋空港にも少し寄っていった。そのときの話はまたいずれということにしたい。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

では拙者も

おはです

洗堰緑地ですかぁ。未だ間に合いそうなら行ってみようかなと思います。
しかし、某川に負けず劣らずな見事なトンネルですなぁ。
(だぁ~って自分贔屓したいじゃない?(^^; )

あ、そうそう、黒川の、行ってきました。
無事停められました。ていうか・・・皆が停めていたので・・・(うわぁヤな奴)。
う~む、某川がかわいそうに思えてく・・・いやいやいや、某川は某川の魅力があるのだよ。
その証拠が。桜(の見どころ・名所)っていうと必ずドンチャンしてるお馬鹿さん(失礼、私は嫌いなので)がいるでしょう?、その点某川は静かに眺めている方々ばかりで誠に良きことかな。
(騒いでもいいが臭いは出すなっ。桜の木半径三十メートル内は火の気一切禁止法、でも作ってくんないかなぁ・・・。)
すんません、少々飛ばし過ぎました・・・(陳謝。

2010-04-06 09:04 | from | Edit

地元が一番

★⑦さん

 こんにちは。
 黒川行ってきましたか。
 平日はあそこも人がしずしず歩いている静かな場所だったのに、週末は騒がしかったようですね。それはちょっと残念。
 香流川は、座ってさわぐ場所がないのが幸いでしね。
 ただ、あそこもずいぶん人が多くなって、昔の静かだった頃がちょっと懐かしい。
 桜も遠くから見るとまだまだだけど、かなり花が散ってきましたね。
 それでも、今年は長く楽しめました。

2010-04-08 00:24 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/1750-84400e33