はじめにギョーザありきのサンデー料理 - 現身日和 【うつせみびより】

はじめにギョーザありきのサンデー料理

焼きギョーザ出発サンデー

PENTAX K10D+TAMRON 28-75mm f2.8



 今日のサンデー料理は、焼きギョーザから始まった。なんだか無性に焼きギョーザが食べたくなったのだ。たまにそんなことがある。それなら作ってしまえばいい。ちょうど日曜日だし。
 そうなると和食にはならないし、フランス料理系の洋食にもならない。必然的に中華寄りの料理ということになる。
 タケノコが残っていたので、それも使うことにした。あとはメインの魚料理ということで、白身魚のタイを選んだ。そうして出来上がったのが上の写真の3品だ。

 ギョーザは普通に作っても面白くないので、少しひねった。肉は使わずエビギョーザにした。
 エビの下処理をして、形が残るように小さくぶつ切りにする。
 キャベツを塩水で下茹でして、取り出して絞る。それを刻む。
 エビ、キャベツ、卵白、塩、コショウ、中華の素、砂糖、唐辛子、ごま油を加え、粘りけが出るまでよく混ぜる。
 あとは皮に包んで普通に焼くだけだ。お湯を加えてフタをして、水気がなくなったところでごま油を回し入れる。しっかり焼き色をつけたら完成だ。
 たれは、しょう油、酢、塩、コショウ、砂糖、唐辛子、酒、みりん、ラー油を混ぜ、ひと煮立ちさせる。

 タケノコは水煮したものを切り分け、ペーパーで水気を拭く。
 ビニール袋に、カタクリ粉、塩、コショウとタケノコを入れて、振ったりもんだりして粉をまぶす。
 溶き卵にくぐらせてから、オリーブオイルで焼いていく。残った溶き卵に、マヨネーズ、コンソメの素、塩、コショウ、砂糖、とろけるチーズ、マスタードを加え、回し入れて、更に焼いていく。卵がある程度固まったら出来上がりとなる。
 最後に粉チーズとパセリ粉を振りかける。

 白身魚は、塩、コショウ、白ワインを振ってしばらく置いたあと、パン粉をまぶして、オリーブオイルで焼く。
 ソースは、しょう油、酒、みりん、塩、コショウ、砂糖、ダシの素、豆板醤、長ネギ、大葉、白ごま、カタクリ粉を混ぜて、煮立たせる。
 付け合わせは、キャベツ、ニンジン、アスパラ、トマトを炒めたものだ。

 ギョーザを食べて満足したとともに、他の2品の出来もなかなか良かった。タケノコや春キャベツを使って、少し春らしさも出せた。
 新タケノコも、今年はこれで終わりかなと思う。来週までには桜も終わってるだろうし、季節はまた一歩前進する。料理も何か新たなテーマを見つけていきたい。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/1749-0c603073