食べたいもの優先でバランスの取れたサンデー - 現身日和 【うつせみびより】

食べたいもの優先でバランスの取れたサンデー

中洋サンデー

PENTAX K10D+TAMRON 28-75mm f2.8



 先週は病み上がりで体調が戻りきらずにサンデー料理は休みにした。今週は治ったので再開した。でも、体調はまだ100パーセントまで戻っていない。咳も残っているし、なんとなく口が気持ちが悪くてすっきりしない。
 こんなときは、食べやすくて、しっかりした味付けの料理が食べたい。生ものとか、固いものとかはあまり食べる気がしない。
 手持ちの食材と相談しつつ、今日食べたい料理を作った。テーマは特にない。結果的に、中華と洋食が融合した料理になった。どれも美味しく食べられたから、夕飯作りとしては成功だったと言える。

 左手前は、マグロの竜田揚げだ。
 これは和食になるのだろうか。中華料理のような気もするけど、紅葉で有名な奈良県の竜田川が語源になっているという説もあるし、そうなると日本食ということになる。
 唐揚げとの違いは、竜田揚げはしょう油などに漬け込んで下味をつけたあとカタクリ粉をまぶして揚げるという点だ。唐揚げは、下味をつけない場合とつける場合があり、粉は小麦粉だったりカタクリ粉だったりもする。要するに、広い定義でいえば唐揚げだし、狭い定義の中に収まるのが竜田揚げと言っていいかもしれない。
 私の竜田揚げは、やや定義から外れ気味になっている。
 しょう油、酒、みりん、ニンニク、ショウガのたれに1時間ほど漬け込んで、カタクリ粉をまぶして、フライパンに多めの油で揚げ焼きにする。
 漬け込んだたれに、塩、コショウ、豆板醤、唐辛子、砂糖、マヨネーズを加えてひと煮立ちさせる。これをソースとしてかけて食べる。
 中華風でもありつつ、マヨネーズを使っているから中華からははみ出している。
 ジャンルはともかく、マグロの食べ方としてこの調理はオススメできる。魚嫌いの子供でもまず食べると思う。味は甘辛で美味しいし、マグロを揚げると魚臭さが消える。食感は肉に近くなるし、ひとくちヒレカツにも負けてない。

 右は、中華味の肉じゃがのようなものだ。
 洋風肉じゃがは作ったことがあったけど、中華風肉じゃがは初めて作る。
 タマネギ、鶏肉、ジャガイモ、ニンジン、長ネギをごま油と酒で炒める。
 鍋に少なめのお湯を沸かし、炒めた具材を投入する。
 水はひたひたくらいで、中華の素を加えて、アルミで作った落としぶたを置いて、弱火で煮ていく。
 ある程度煮込んだところで、しょう油、みりん、塩、コショウ、唐辛子、砂糖、白ごまで味を調え、更に弱火で煮込む。
 中華風肉じゃがもいける。中華料理の一品としても成立する。

 奥は、キャベツのトマト煮込みだ。
 最初は、ロールキャベツのトマト煮を作ろうと思っていたのだけど、半キャベツでは包めないことに気づいて路線変更した。
 キャベツをざっくり切って、お湯で湯がく。
 お湯をある程度切って、タマネギ、ニンジン、トマト、シーチキン、白ワイン、コンソメの素を加えて、あとはじっくり煮込むだけ。
 後半で、しょう油、塩、コショウ、ケチャップ、砂糖で味付けをして、もっと煮込む。今回は圧力鍋を使って、具材が柔らかくなるまで煮込んだ。
 これはシーチキンがかなり効いていて、味のポイントになっている。トマトスープとシーチキンの相性はいい。
 仕上げに、パセリ粉と、粉チーズを振る。
 エビも入れるつもりが、冷凍庫から出すのを忘れたので、省略した。エビが入れば、少し豪華版になる。伊勢エビが丸ごと入れば、贅沢トマトスープだ。

 冷蔵庫にある食材を使って、食べたいもの優先で無計画に作ったわりには、まとまった料理になった。行き当たりばったりに作るとバランスの悪い料理になりがちなのに、今回はたまたま上手くいった。そういうこともある。
 来週までには体調も戻るだろうから、何かテーマを決めて作るようにしたい。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/1693-f50ae1f5