京都の観光地は期待を裏切らない <京都歩き 第5回> - 現身日和 【うつせみびより】

京都の観光地は期待を裏切らない <京都歩き 第5回>

京都歩き5-1

PENTAX K10D+TAMRON 28-75mm f2.8



 今日は昨日の続きで、清水寺をあとにしてからの話だ。
 昨日も書いたように、しばらく自分の位置を見失ってさまようことになる。清水寺周辺は、碁盤の目状になっていないから、少し道が分かりづらい。ここまで来たからには産寧坂と二寧坂も見ておきたくて、少し探すことになった。
 ウロウロしている間に、八坂まで出てしまった。上の写真は法観寺の五重塔で、もっぱら八坂の塔と呼ばれている。有名な場所だから、写真や映像で見たことがあるという人も多いと思う。私もこの場に立ってみて、なるほどここかと納得した。路地の雰囲気や家々の間から寺社の建物が見えている感じが、とても京都らしい風景だと思う。
 八坂の塔は聖徳太子が建立したという話もあるけど、実際はそうじゃなく、でも平安遷都以前に建てられた古いお寺といわれている。渡来系の八坂氏の氏寺だったという説が一般的だ。
 五重塔は何度か焼けて、そのたびに再建されてきた。鎌倉時代に頼朝も再建している。
 現在のものは、室町時代に足利義教が再建したものだ。義教といえば、くじで将軍になったことから、くじ引き将軍と呼ばれた将軍だけど、こんなところでも足跡を残している。

京都歩き5-2

 私と同じように道に迷っていた彼女。看板を見たり、ガイドブックを見たり、進んだり戻ったりしていた。
 どうやら同じく二寧坂が見つからなかったようだ。その後、別の場所で4回くらい見かけることになる。見つけては、あ、またいた、とか思って笑えそうだった。向こうも同じだったかもしれない。

京都歩き5-3

 これが産寧坂だと思うのだけど、あまり自信がない。北側にあるのが二寧坂で、その南の産寧坂を進むといつの間にか八坂になる。そのつながりがはっきり掴めずじまいだった。

京都歩き5-4

 これも産寧坂の続きか。
 看板の前にいた彼女が前を歩いているのが写っている。

京都歩き5-5

 すだれも京都らしさを演出する小道具の一つだ。
 粋な感じというか、無粋じゃない。町並保存地区でなくても、何が日本の美かということを京都の人たちはよく知っている。時代が移り変わっても、変わらないものもある。

京都歩き5-6

 二寧坂を抜けた先。右手は桜並木か。
 清水寺への北入口のような場所だろうか。人力車も控えていて、観光地っぽい雰囲気だった。
 左手に見えている塔のようなものは何か知らない。

京都歩き5-7

 人力車と外国人カップル。
 思い描いていた京都らしさは、ここにあっただろうか。

京都歩き5-8

 舞妓さんとすれ違う外国人カップルは、舞妓さんを見て大喜びしていた。オー、ワンダフル、とか言ってた。こういうのを見たかったんだと思っていただろうか。

京都歩き5-9

 八坂神社の入口に突き当たった。南側のこちら側が正面の鳥居ということになるのだろうけど、西の四条通りに面した楼門の方が有名かもしれない。楼門は重文でもあり、あちらかの方が絵になる。
 八坂神社も古い神社で、もともとは神仏混合の寺院色が強いところだった。明治の神仏分離令で八坂神社と改称される前は、祇園社や祇園感神院などと称していた。
 祭神はスサノオだけど、それはあとからで、本来は牛頭天王を祀ったのが始まりだろう。
 創建も古く、先ほど出てきた法観寺とも関係がありそうだ。

京都歩き5-10

 西楼門から四条通を見る。帰りはこちらから出た。

京都歩き5-11

 次に祇園へとやって来た。祇園は行ったことがなかったから、今回楽しみにしていた。
 花見小路の入口だ。さすがに祇園は華やいだ雰囲気がある。観光客もそこそこ歩いていた。

京都歩き5-12

 花見小路の様子。
 少し観光地化されすぎているようにも感じたけど、こういう場所も必要だ。観光地はあくまでも観光地らしくあるべしというのを体現している。

京都歩き5-13

 花見小路の突き当たりに建仁寺があった。せっかくなので、少しだけ寄っていくことにする。

京都歩き5-14

 本堂らしき伽藍を見て、境内の雰囲気を味わって、早々に後にする。
 まだ先は長い。今日はここまでとしたい。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

え~そうなんですか!
私が行った時には、舞妓はんは一人もおらず。。
わざわざ祇園まで行ったのだけど、あの華やかな舞妓はんは一人もおらず。。
とても残念でした。今は違うのかな?季節にもよるのかな?
どっちにしても、3年ほど前の話で、ごめんなさい。。

2010-02-03 08:18 | from miku | Edit

ラッキーだったかも

★mikuさん

 こんにちは。
 今日の回でも芸子さんが登場してます。
 私がラッキーだったのか、mikuさんがアンラッキーだったのか(笑)。
 そうそう用事もなく出歩いてないだろうし、見られるかどうかは運次第ですね。
 夜の祇園に行けばどうなんだろう。お座敷だから、ますます見られるチャンスは少なくなるのかな。

2010-02-04 01:40 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/1687-027facf7