6月のグリーンピア早足写真 - 現身日和 【うつせみびより】

6月のグリーンピア早足写真

グリーンピア-1

Canon EOS 20D+Canon EF100mm f2.8 Macro



 築水池とグリーンピアは私にとってはセットになっていて、どちらか一方しか行かないということはない。グリーンピアは閉館時間があるから先に行って、築水池は日没まで大丈夫だから後回しというのがいつものパターンだ。
 ただ、今回は時間がなかったので、グリーンピアは軽く寄っただけだった。園内の池の周りを一周歩きながら写真を撮って、すぐに築水池に移動した。温室も入っていないし、隣接する大きな池にも行っていない。
 ということで、写真の枚数も少なかった。それでも、ひとネタにはなるから、今日はその写真でつなぐことにする。

グリーンピア-2

 6月の後半ともなると、さすがに花菖蒲は終わっていた。
 それでも、桑名で花菖蒲は見たから、心残りはない。カキツバタを見に行かなかったのは、やはりちょっと悔いが残った。

グリーンピア-3

 コシアキトンボが飛んでいた。
 腹の中央部分が白くて腰が空いているように見えるというので名づけられた名前だ。あまりいいネーミングとは思えない。
 コシアキトンボは、あまりとまらないからとまっている姿を撮る方が難しい。飛んでいるときはホバリングする瞬間があるから、その方がチャンスが多い。

グリーンピア-4

 ヘメロカリス。
 ノカンゾウやユウスゲなどがヨーロッパに渡って、向こうで品種改良されて戻ってきたものをヘメロカリスと呼んでいる。
 形はユリに似ているけどユリの仲間ではない。カンゾウ類やキスゲなどの仲間だ。
 日本と欧米の花の美に対する感覚の違いは、逆輸入された花を見ると分かる。

グリーンピア-5

 カワラナデシコっぽいのだけど、どうなんだろう。自生のものは秋の花だ。ナデシコの園芸種があるのか、これは違う種類なのか。

グリーンピア-6

 よく見かける気はするけど名前は知らない。
 ペンタスか、違うか。

グリーンピア-7

 アジサイも最盛期はもう過ぎただろう。それでも花期が長いから、まだしばらくは楽しめる。
 どこかへアジサイを撮りに行きたいと思いつつ、まだ実現できていない。アジサイだけを撮っても楽しくないから、風景と絡めて撮りたい。頑張って雨の日に撮りたい気持ちも少しだけある。

グリーンピア-8

 バラはもう終盤だ。まだ少し咲いているのもあるけど、全体としてはすっかり寂しくなった。
 春バラをあまり撮れなかったから、今年は秋バラをどこかへ撮りに行こうか。

グリーンピア-9

 グリーンピアの滞在時間は15分くらいだった。この場所はけっこう遠くてあまり頻繁に行きたいところではないから、できればもう少しじっくり回りたかった。
 みろくの森散策も絡めると、数時間コースになる。もっと時間と体力に余裕があれば、小山登りもできる。
 8月になれば築水池ではサギソウが咲く。再訪するとすればその時期だろうけど、サギソウなら近場の森林公園でも見られるから、やはりまた来年の6月ということになってしまうだろうか。
 何はともあれ、これで6月の恒例イベントを一つ終えた。ぼちぼちヒマワリの便りが届き始めた。夏本番はもうすぐそこだ。海も恋しくなってきた。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/1463-051aa05e