収穫は少なくても6月に築水池に行っておくとすっきりする - 現身日和 【うつせみびより】

収穫は少なくても6月に築水池に行っておくとすっきりする

築水池-1

Canon EOS 20D+Canon EF100mm f2.8 Macro



 しばらく神社ネタが続いて、写真もあまり撮りに行っていなかったから、久しぶりに春日井の築水池湿地を歩いてきた。
 毎年決まった月だけに訪れる場所というのがあって、6月といえば築水池というのが定番になっている。ここ数年はほとんど毎年行っているはずだ。
 お目当ては、トキソウだった。ササユリとカキランも見たいと思っていたけど、今年は少しで遅れたからもう終わってしまったかもしれないという予感はあった。去年は6月18日だったから、1週間遅れだ。
 駐車場からアップダウンのきつい15分歩きは、近いようで遠い。この時期は蒸し暑いから、気持ちいい汗をかけない。

築水池-2

 散策路は草刈をしたようで、えらくすっきりしていた。夏場のこの道は、両脇の草が背の高さくらいに伸びて、ものすごいことになるのに、刈られてしまっていた。夏草の匂いがして好きだったのに、これでは面白くない。歩きやすくていいという人が大半なんだろうけど。

築水池-3

 今年もトキソウと再会できた。初夏の湿地のヒロインはトキソウで決まりだ。
 形がトキに似ているからではなくては、うす桃色の花色が鴇色(ときいろ)に似ているところから名づけられた。
 けど、今年はトキソウが少なかった。きれいに咲いているのも数輪だったし、遠くの群生もちらほらだった。たまたま少ないタイミングだったのか、環境に変化があったのか。
 カキランには遅刻してしまったのか、見つけることができなかった。

築水池-4

 ノカンゾウ自体はそれほど珍しい花じゃないけど、築水池で見たのは初めてだ。
 花期は7月から9月にかけてだから、今年は野草も全体的に前倒しになっているのかもしれない。いつもなら6月後半でも咲いているはずのカキランが終わっていて、6月には咲いていないはずのノカンゾウが咲いていたということか。
 民家の庭や花壇なんかでも咲いているのを見るから園芸種か外来種かと思わせて、実は日本に自生する花だ。容姿は南国っぽい。
 八重咲きはヤブカンゾウで、そっちを見かけることが多い。

築水池-5

 いつもの場所に、いつものライトブルーのアジサイが今年も咲いていた。
 こんなところに園芸種っぽいアジサイが自生しているとは思えないのだけど、わざわざ誰かがここに植えたとも考えにくい。
 日本にもともと自生していたアジサイはガクアジサイで、こんなふうにガクが発達しているのは園芸種だ。
 だから、何からの形で人によってここに持ち込まれたということだろうと思う。

築水池-6

 たぶん、クチナシ。
 クチナシというと、若き日の渡哲也が歌っていた、くちなしの花を思い出す。
 ♪くちなしの花~の~ 花のかお~りが~
  旅路のはてまで ついてくる~
  くちなしの~白い花~ おまえの~ような~
  花~だっ~た~♪
 マグロ、二夜連続。
 時間は流れた。

築水池-7

 トウカイコモウセンゴケのちょっとした群生。
 当然、夕方では花も咲いているはずはない。よく晴れた午前中にしか咲かない花を、私はいつになったら見られるだろう。

築水池-8

 何かの実。
 実については、調べる気力も、覚えようという情熱も持ち得ない。
 花さえ覚えきれないのに、実や木の名前まで手が回らない。

築水池-9

 ネムノキ。これもいつもの場所で咲いていた。そうそう、毎年ここで咲いてるんだったと、再確認する。

築水池-10

 これも紅葉なのだろうか。同じ葉っぱの半分が緑で、半分が赤い。
 まだ夏も来てないのに、紅葉のことを思い出すのは早すぎる。

築水池-11

 朽ちた切り株に、苔が生え、そこに落ちた種から新芽が生える。
 生と死のサイクルがぐるぐる回って続いていく。

築水池-12

 夏の散策で嫌なのは、蚊に刺されることと、クモの糸が顔にかかることだ。暑いのは我慢できても、蚊とクモの糸は気力が萎える。
 でも、こういうクモの巣は被写体となるからありがたい。
 これもまた、実用の美と言えるだろうか。

築水池-13

 池で小さな魚がやたらパシャパシャ跳ねていた。どんな種類の魚かはよく分からない。フナより小さいやつだ。
 確か、築水池は魚釣り禁止だったはずだ。何か理由があったと思うけど忘れてしまった。

築水池-14

 結局、ササユリやハッチョウトンボは見つからず、湿地が途切れるところで引き返した。一周してもあまり収穫はない。
 これといった珍しい出会いもなく、写真的な収穫ももう一つだったのだけど、今回は最初から軽い散策のつもりだったから、これくらいでいい。
 グリーンピアも少し寄ってきたから、そちらの写真も近いうちに紹介したいと思っている。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/1462-f32e022c