1月の岩屋堂は私が知っている岩屋堂風景に戻っていた - 現身日和 【うつせみびより】

1月の岩屋堂は私が知っている岩屋堂風景に戻っていた

1月の岩屋堂-1

Canon EOS 10D+Canon EF100mm f2.8 / EF75-300mm f4-5.6 IS



 1月の岩屋堂は、完全なシーズンオフだ。平日の夕方ともなると、歩いているのは住人くらいのもので、他に人影はない。鳥撮りの人は冬でも訪れるのだろうけど、そういう人たちの行動時間はもっと早い。夕方までうろうろしてはいない。
 私は去年の紅葉シーズンに二度訪れたので、ますますお馴染み感が強かった。いつ行っても変わり映えがしないのは、必ずしも悪いことではない。風景がいつも通りだから、安心感がある。
 紅葉の時期は思った以上の賑わいを見せていて逆に戸惑ってしまったけど、シーズンオフの岩屋堂は私が知っている岩屋堂で、あれが本来の姿に思える。
 今日はそんな1月の岩屋堂風景の写真を紹介したい。セリバオウレンが咲き始めていたとはいえ、まだまだ冬景色で、春は遠いと感じさせた。ここは瀬戸の冷蔵庫。名古屋は15度近い陽気だったのに、岩屋堂を歩いていたら寒くて体が冷え切ってしまった。瀬戸市内から車で10分ほどの距離なのに、気温は5度以上違うんじゃないだろうか。そういえば、去年は雪が積もっていたっけ。

1月の岩屋堂-2

 私の定点観測ポイント。ここの風景が今の岩屋堂を最も象徴するものだと思う。
 最盛期を知らないのが残念だ。観光地として活気があった頃のことを知っていれば、もっと感慨深いものがあっただろう。
 ここはいつの時代に一番流行っていたんだろう。昭和30年代から50年代にかけてだろうか。

1月の岩屋堂-3

 奥の瀬戸大滝まではちょっと距離があるので、手前の暁明ヶ滝を撮るだけにしておいた。
 かなりの暗さで、手ぶれ補正でも止めきれずにブレている。三脚を立てて撮るような大げさなものではない。一脚くらいは持ち歩いてもいいといつも思いつつ、車のトランクに眠りっぱなしだ。

1月の岩屋堂-4

 最近ちょっと凝っている水紋写真。水のうねりがメタリックのような質感になるのが面白い。
 紅葉のときにもっと撮りたかったのに、撮りきれなかった。次は新緑の季節が狙い目だ。

1月の岩屋堂-5

 水底に沈む枯れ葉というのも被写体としての可能性を感じた。ただ、気づくのが遅かった。これも紅葉の終わりの時期に気づいていれば、もっといろいろ探して撮ったのに。
 空の反射と上手く絡めて撮ると面白い写真になりそうだ。

1月の岩屋堂-6

 冬枯れの散策路。
 2ヶ月くらい前までは紅葉で色とりどりに染まっていたのに、今はすっかり葉も落ちて、枯れ木立の道となった。
 時期を変えて同じ場所を訪れると、四季のダイナミックな変化を実感する。また初夏に訪れたら、緑の葉が生い茂って、生き生きとした風景になっている。

1月の岩屋堂-7

 くれない橋から上流を見たところ。ここもよく撮る場所の一つだ。石がごろごろしている様子が、自然な上流の風景で心惹かれる。街中ではもう、こういう川の姿を見ることができなくなった。

1月の岩屋堂-8

 色が乏しい中、わずかに彩りを添えているのが、こういう赤い実だ。南天とか、万両とか、ピラカンサとか、そんなようなもののどれかだ。
 今のところ、赤い実を見分けられる人になりたいという気持ちはない。

1月の岩屋堂-9

 赤い葉だから紅葉といえば紅葉か。どんな樹木の葉っぱかは知らない。
 冬桜もまだ咲いていた。花といえば、それくらいだった。ここは春、夏でも花は多くないところだ。

1月の岩屋堂-10

 陶器製の小さな犬っぽいものが転がっていた。瀬戸だけに瀬戸焼だろうか。
 こんなものを撮ってしまうほど、被写体は少ない。この日はほとんど鳥にも出会えなかった。わずかにセグロセキレイと、シロハラを見ただけで、どちらも撮ったもののブレブレ写真で没となった。

1月の岩屋堂-11

 セリバオウレンが咲いている寺の裏庭に、こんなやつがいた。最初、鹿と思ったのだけど、犬かもしれない。目をむいている。
 古い感じだから前からあったんだろうけど、今回初めて気がついた。
 そういえば少し前に海上の森でニホンカモシカが目撃されたというニュースがあった。東谷山や瀬戸にも生息しているらしいから、もしかしたらどこかで出会えるかもしれない。ぜひ野生のニホンカモシカを撮ってみたい。

1月の岩屋堂-12

 帰り道ではこれもお馴染みとなったパルティせとを撮る。これを撮らないと瀬戸行きは完結しない。
 次に岩屋堂へ行くのは、桜の季節だろうか。桜の木は少ししかないし、名所というほどでもないのだけど、またふた月くらいしたら行きたくなることだろう。

 前のテンプレートは、クリスマスバージョンっぽかったので、模様替えをした。結局、茶色基調のものに戻ってしまった。この色合いが一番落ち着く。
 まだ完成ではないので、もう少しカスタマイズしていきたい。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

水紋写真、いいですね、おいらの好きな”ヘマタイト”のようです

ところで、オオタさんは、通常EOS-10のISOやその他の設定はどのようにしていますか、まぁ状況によって違うでしょうが、RAW派ですか?

AE設定は?

気になりましたので、質問君ですみません

2009-01-31 08:22 | from ただとき | Edit

10Dか20Dか

★ただときさん

 こんにちは。

 水紋写真は、偶然に頼るところが大きいんだけど、たくさん撮っておくと中に面白いものが撮れてたりします。
 そうそう、ヘマタイトに質感が似てますね。ブラックオニキスほど黒光りしてない。
 海岸に行って、風紋も撮りたいなぁ。

 そういえばただときさん、EOS 10D買ったんですね。
 私は20Dを売って10Dでもいいくらいです。10Dの方が白飛びしづらいから、結果的に写真が明るくなります。
 ISO感度は、できれば100にしたいところなんだけど、200を常用にして、明るいときは100、暗かったら400といった感じです。
 20Dなら800まで常用できるんですけどねぇ。
 記録はRAWで、常に絞り優先です。
 10DはTakumarとの相性がいいから、オススメです。
 50mm f1.4とか。

2009-02-01 04:18 | from オオタ | Edit

自分は、”記録写真”はISO1600ですw(Lサイズまでしか焼かないから目立ちません)

常時絞り優先で開放から1段絞ってます
作品はまだ撮っていませんが、なかなか素性の良いカメラだと思います

いまはまだテスト撮影中ですが、そろそろRAWで撮ってみようと思います

2009-02-01 19:15 | from ただとき | Edit

絞りに正解はあるのかないのか

★ただときさん

 こんにちは。
 ISO1600を使ってますかー。
 私はできれば800も使いたくない。(^^;
 絞りはどうなんでしょうね。デジカメの場合、あまり絞るとかえって画質が落ちるというから、私は基本的にf6,7が多いです。f8まで絞るとちょっと絞りすぎのようにも思えて。
 マクロレンズや明るいレンズなら、一段か二段絞りかな。

2009-02-02 03:40 | from オオタ | Edit

あ、おいらもf6.7多いです
10Dって画素数が少ないおかげか
はたまた状況が良かっただけなのか
1600で今、酷使テスト中ですがいまのところ気になりません(持ち主が鈍感なせいもある)
本気撮りの場合は400までを許容値にしてます

この、持った時の重さがちょうど心地よいです

2009-02-02 18:07 | from ただとき | Edit

CanonもNikonも手ぶれ補正を

★ただときさん

 こんにちは。
 10Dでもう充分と思うけど、20Dを使うと、やっぱり後発だけあるなぁと感じるところも多々あります。
 そしてまた次の機種に気持ちが動いてしまう。
 でも、画素数は600万で充分ですね。

 Canonはいつになったら本体に手ぶれ補正をつけるんだろう。
 Nikonと先にやった方が勝ちだと思うんだけど、何か大人の事情があるのかな。
 

2009-02-03 03:48 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/1311-18e05d87