近所の雨池に白い奴が現れた - 現身日和 【うつせみびより】

近所の雨池に白い奴が現れた

はじめてのミコアイサ

Canon EOS D30+EF75-300mm(f4-5.6), f5.6, 1/30s(絞り優先)


 思いがけないところで思いがけない鳥と出会った。金城学院大学近くにある雨池にミコアイサがいるのを発見。おお、どうしてキミがそんなところに!? 驚いた。でも偉いぞ、こんな住宅地のローカルな池にやってくるなんて。お仲間はどうした? ひとりかい? 見渡したけど、他のオスもメスもいない。ひとりぼっちで不安なのか、カルガモ軍団に混ぜてもらっていた。しかしその白装束、よく目立ちますね。パナウェーブはどうなった?
 冬の白いアイドル、ミコアイサ。別名パンダガモと呼ばれ、鳥好きの間で人気が高い。パンダというよりも、月光仮面に近いと思うのは私だけだろうか。全身白ずくめに黒いサングラスが凛々しいぞ。
 例によって喜んで連写する私。しかし、池の周りを歩くおばさま、おじさま、ちびっこたちが白いアイドルに興味を示すことはなかった。むしろ、興味の対象は私だったかもしれない。何撮ってるんだこの人、みたいな視線を感じたのは被害妄想だっただろうか。

 ミコアイサは漢字で書くと神子秋沙。ミコは白い巫女さん姿を連想させるところから来ている。アイサは歯のあいさに物がはさがったのあいさではなく、秋の早い時期を表す古語「秋早(あきさ)」に由来しているそうだ。ミコアイサ~と伸ばすと沖縄弁っぽい。
 名前の通り秋になるとやって来るのだけど、他のカモと違うのは、まずメスが早くにやって来て、その後遅れてオスが飛んでくるという点だ。帰っていくときもまずオスが去った後メスが行く。一夫多妻で、1羽のオスが数羽のメスを引き連れてることがけっこうある。けどだからといってオスの権限が強いわけではないようで、人間界でいうところの女系家族に近いかもしれない。メスはオスからは想像できないような非常に地味な茶色をしていて、人間から見るとオスにだけ人気が集中するけど、ミコアイサ界ではオスよりメスの方が力を持っていそうな感じがする。

 他のカモに比べると飛来数はかなり少ない。年間2,500とか3,000羽くらいだそうだ。単純に3,000羽を47都道府県で割ると、一県あたり約63羽だから、見られる確率は高くないことが分かる。全部が単独で行動してるわけではなく、ある程度群れていて、オスの数も少ないとなると、運が良くないと見られないのだろう。私も初めて見た。
 夏場はユーラシア大陸の北の方で過ごして子供を産む。北海道でわずかに繁殖した例があるらしいけど、日本でヒナを見たという人はほとんどいないんじゃないか。
 子育ては春から初夏にかけてで、メスが担当する。オスはほとんど役に立たないけど、さすがに子育ての大事な時期に白スーツでめかし込んでる場合じゃないので、メスとそっくりな地味な衣装に衣替えする。自然界において白というのは目立ちすぎるのだ。戦場のガンダムのように。強ければいいけど、ミコアイサは決して強くない。むしろ弱気な方で、日本でもいつも岸から遠い安全なところにいる。警戒心が強く、仲間も少ないので、他のカモに守ってもらおうとさりげなく別のカモ軍団の近くにいたりする。
 などと書いていたら、だんだんミコアイサのオスが二枚目のヒモみたいに思えてきた。これを読んで初めてミコアイサのことを知った人に歪んだイメージを植え付けてしまわなければいいのだが。いや、ミコアイサのオスに悪気はないんです。根はいいヤツなんですよ。信じてやってください。かばおうとすればするほど深みにはまる。
 メシに関しては決して弱気ではない。ベジタリアンのカモが多い中、こいつらは肉食だ。魚も食べるけど、それより貝とかエビちゃんとか水中の昆虫とかの歯ごたえのあるものを好んで食べる。そのために、クチバシには歯のようなギザギザが付いていて(懐かしいギザジュウを思い出す)、先端がカギ型に曲がっている。潜水も得意で、けっこう長い間潜って獲物を捕まえる。自分の食い扶持くらいは自分で手に入れるぜ、オレはヒモじゃねえんだ、とミコアイサのオスは訴える。

 説明すればするほど、格好いいんだか悪いんだか、強気なのか弱気なのか私にも分からなくなるミコアイサだけど、あまり見られないやつなんで、池なんかで見かけたら喜んでくださいね。
 そして、その白いスーツとサングラスが似合うのは、往年の石原裕次郎と小林旭とキミしかない、と私が誉めていたと伝えてください。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/131-c8b525c5