最近食べたケーキやバウムクーヘンや肉まんやお菓子の話 - 現身日和 【うつせみびより】

最近食べたケーキやバウムクーヘンや肉まんやお菓子の話

最近食べたもの-1

Canon EOS 10D+TAMRON SP 28-75mm f2.8 他



 誕生日にはケーキを食べる。そんな当たり前だけど当たり前じゃないことを、私たちは特に疑問に思うことなく毎年繰り返している。誰が始めたことかも知らず、いつから当たり前になったのかということを調べようともしないまま。
 今年もまたそんな季節がやってきた。ケーキは食べたいけど、この日が来ることはあまり歓迎したくない気持ちが強い。まあ、来てしまうものはしょうがないか。歳月は人を待ってくれないし、歳月から逃れることもできない。
 私の周りにはやたら1月生まれの人間が多くて、12月のクリスマスからケーキラッシュが始まる。バレンタインデー、ホワイトデーまで入れると、月に1度か2度はケーキを食べることになる。だから、もう合同でいいかという話にもなりがちだ。
 ここ最近は自分で作ったり作ってもらったりということが多くなっていたのだけど、今年は店で買うことにした。たまにはちゃんとしたケーキが食べたいぞということで。裏を返せば、私の作るケーキがちゃんとしてないということでもある。
 久々に不二家のケーキを買ってみた。ホワイトチョコ生ケーキのSサイズ、15.5センチで1,800円は、まずまず安いか。
 スポンジはチョコレートスポンジで、ホワイトチョコクリームをサンドしてあり、上面は生クリームに粉砂、刻んだホワイトチョコが散りばめられている。
 これを食べた人間の誰もが口にするであろう第一声は、「甘い!」という言葉だ。久しぶりにこんなに甘いケーキを食べた。甘さ控えめが主流となっている今の時代に真っ向勝負という甘さだ。不二家のケーキといえば昔から甘いという印象が強かったけど、現代まで独自の姿勢を貫いてるところに好感が持てる。消費者にこびていない。ケーキは甘いものなのだという信念がある。これを食べると、ケーキの甘さが与えてくれる幸福感を思い出す。
 それにしても甘いな、これ。

 日本において、誕生日にケーキを食べる習慣が始まったのは、戦後にアメリカ文化が入ってきたあとのことだ。戦前も一部のお金持ち階級では誕生日ケーキが食べられていたのかもしれないけど、庶民にまで誕生日ケーキが一般的になったのは戦後の混乱が収まってのちだ。戦中は当然ケーキなどという贅沢品は口に入らない。
 一説ではマッカーサーが奨励したという話もあるようだ。
 そもそもケーキのたぐいが初めて日本に入ってきたのは、16世紀の室町時代末期に、ポルトガル人宣教師が長崎に持ち込んだカステラが最初だということになっている。
 乳製品を使ったケーキが作られるようになるのは、それからまだずっとあとの時代になってからだ。江戸時代の庶民は牛乳を飲んだりチーズを食べたりなどいう習慣はなかった。時代劇でケーキを食べている殿様もいない。
 ただ、吉宗は酪農場を作らせているから、将軍家では牛乳を飲んでいたのかもしれない。
 今の私たちがイメージするケーキが作られるようになったのは、明治以降のことだ。そう考えると、ケーキの歴史は案外浅い。
 世界を見ると、ケーキの原形はすでに古代ギリシャに存在していたと言われている。
 誕生日ケーキということでは、中世のドイツですでに食べられていたそうだ。
 ヨーロッパでは19世紀以降、かなり一般的なものとなっていたようだ。
 現在の日本ではたくさんのケーキが作られるようになっている一方で、誕生日ケーキというのは先細りの傾向にある。ケーキ屋へ行ってもデコレーションケーキはあまり売っていない。予約してから買いに行くというのが一般的なスタイルになっているようだ。昔は夕方のバスや電車で、お父さんが大きなケーキの箱を抱えている姿をよく見かけたけど、ああいう光景はほとんど見られなくなった。誕生日に家族揃ってケーキを食べるなどというのも、今後はますます減っていくのだろうか。

最近食べたもの-2

 この前の花鳥園での昼食風景。合同ミニ誕生会も兼ねていた。見た感じ、誕生日らしくはないけれど。
 バウムクーヘンというのは、家庭ではなかなか作れないケーキだ。焼くための設備と、棒をくるくる回す台があればできるのか。原理としては単純で、棒に生地を垂らしながらくるくる回転させて何重にも焼き付けていけばできる。
 それにしても、面倒ではある。ドイツ人が考えそうなケーキだ。イタリア人の発想ではない。フランスっぽくもない。

最近食べたもの-3

 焦げて失敗した伊達巻きではない。ロールケーキだ。全然そんなふうに見えなくても、作った私が言うのだから間違いない。これはロールケーキだ。
 初めて挑戦したロールケーキはひどいことになってしまった。丸くならず、ひらべったくなるという典型的な失敗の上に、焼き時間が足りなかったようで、一部が半生のままという危険さをも併せ持っていた。
 本当ならこれを花鳥園に持っていって昼ご飯にするつもりだったのだけど、ハライタになるといけないというのでお蔵入りになってしまったのだった。
 帰ってきたあともう一回焼き直して食べたのは食べた。味は美味しかったから、没にしてしまうには惜しかった。
 中は溶かしたチョコレートで、周囲はココアパウダーと粉糖をまぶしてある。ただ、まだ熱があるときに焦って振ってしまったものだから、粉糖などは溶けてしまった。あれは冷ましてからまぶすものだったのか。
 ロールケーキはもう一回挑戦したい。失敗した卵焼きもどきのままでは終われない。私はロールケーキが焼ける男になりたい。

最近食べたもの-4

 食べ物つながりで、最近食べたものをいくつか便乗して紹介しよう。
 余ったリンゴがあったから、リンゴジャムを作ってみた。けっこう美味しいし、難しいものじゃないからオススメしたい。
 リンゴの皮をむいて、適当な大きさに細かく切ったら、鍋で焼いていく。
 砂糖はリンゴ2個に対して120~150gくらい。
 レモン汁が大さじ1.5くらい必要なのだけど、ポン酢でも代用が利く。
 水を加えなくても汁気が出るから水は使わなくてもいい。ただ、煮汁にアクが出て、それを取っていくとコテコテになってしまうから、水またはワインなどを少し入れてもいい。
 蓋をして、弱火で20分から30分くらい煮れば出来上がりだ。
 煮沸消毒したビンなどに入れて冷蔵庫に保存すれば一年くらいは持つそうだ。
 イチゴとかブルーベリーとかオレンジとか、いろんなものでジャムはできる。

最近食べたもの-5

 市販品の偉大さを再認識するために、たまには店売りのものを買って食べる必要がある。
 やっぱりプロが作ったものはちゃんとしてるなぁと、あらためて思う。
 でも、和菓子にもまた挑戦したい。次は砂糖菓子を作ってみよう。

最近食べたもの-6

 何年ぶりに食べたか思い出せない井村屋の肉まん。記憶の中にある味と変わっていなかった。
 肉まん、あんまんを一番食べていたのは小学生のときだったから、あの頃の感覚が蘇った。寒くなってくると肉まん、あんまんが食べたくなって、みんなで遊んだ帰りとかに駄菓子屋などでよく買って食べた。
 当時は1個50円だった。今は値段も高くなっているけど、物価を考えたら今の方が安いと言えなくもない。
 そのうち、中華まんだとかカレーまんだとかの新製品が登場して、最初はそっちに飛びついたりもしたけど、結局は肉まん、あんまんに戻っていった。今日は肉まんにしようか、あんまんにしようかと迷うのも楽しかった。

最近食べたもの-7

 若い女性に大ヒット中で、おいしさイナズマ級のブラックサンダー。ブラックマンデーは聞いたことがあってもブラックサンダーは知らなかった。訳すと黒い稲妻。そんなものはないけど、なんだか強そうな名前だ。
 北京オリンピックで銀メダルをとった内村航平選手がこのチョコが好きと言ったことで話題になったそうで、箱買いしたという親戚が分けてくれた。
 チョコレートスナック菓子というのか、食べたことがあるような味と食感だけど、何かによく似ているというわけでもなさそうだ。スニッカーズのような粘りはなく、歯ごたえとしてはキットカットに近いだろうか。
 これは確かに美味しい。コンビニやスーパーで見かけたら一度ぜひ。

 今後もちょくちょく手作りしたり、何か面白い食べ物があったら写真に撮って、まとまったところで紹介したいと思っている。
 ケーキ作りもなかなか上達しないから、もっと数を作らないといけない。ふわふわスポンジへの道のりは遠い。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

我が家の場合”誕生日だからケーキを食べる”といういいわけになってます

ブラックさんダー、何度か食べました

値段の割にはおいしいですよね
歯にもくっつかないし

2009-01-24 09:10 | from ただとき | Edit

あら。お誕生日ですか? おめでとうございますe-239

バウムクーヘンは、輪っかになった形に拘らなければ、フライパンでも焼くコトができますよ。中学の頃、クラスメイトが教えてくれたのですが、薄く生地を流しては、重ねていくんです。
でも、今、ググったら・・・
レシピ、滅茶苦茶たくさん、出てきました。
しかも、フライパン使って、輪っかに焼いたのが!

・・・作りたくなってきません?(笑)
日曜日クッキングに写真が載るのを、楽しみにしていますね♪

2009-01-24 16:46 | from くすか | Edit

遅れましたが・・・

お誕生日おめでとうございます^^
ケーキ美味しそうですね。
このもバウムクーヘンもやたらと美味しそう。。
花鳥園にあるのですね。これも覚えておこう。

2009-01-24 22:29 | from ビアンキ | Edit

食べる理由付け

★ただときさん

 こんにちは。
 誕生日はケーキを食べるためのダシだったのか。
 酒飲みの言い訳みたい(笑)。
 でも、確かに誕生日がなければケーキを食べる機会ってあんまりないですもんね。
 まして家族揃ってとなると、まずない。家に来た誰かがケーキを持ってきてくれたときくらいで。

 バレンタインデーだって、クリスマスだって、便乗していった方が楽しいから、食べられれば何でもいいということで(笑)。

2009-01-25 03:31 | from オオタ | Edit

今度挑戦だ

★くすかさん

 こんにちは。
 誕生日ありがとうございます。
 挨拶がヘン?(^^;

 バウムクーヘン、フライパンで作れるんですね。
 なるほど、卵焼き用のフライパンで、芯を転がせばいいのか。
 きれいな年輪はできないだろうけど、バウムクーヘンもどきは作れそう。
 早速作れって?(笑)
 けっこう面倒そうだなぁ。(^^;
 今度暇になったら作ってみます。
 どうせならコンロに土台を作って、棒を回して作った方が楽しそうではあるな。

2009-01-25 03:34 | from オオタ | Edit

1、2、3、ダァー!

★ビアンキさん

 こんにちは。
 誕生日は、1、2、3、ダァー! と覚えてください。
 12月3日と覚えてはいけません。

 バウムクーヘンは持参したもので、花鳥園には売ってません。(^^;
 最近、花鳥園はバイキングを始めました。私も一度食べてみたいけど、小食だから、元が取れません。

2009-01-25 03:36 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/1304-9ab53460