花鳥園の色を撮るというテーマに気づいたのは帰宅後 <第2回> - 現身日和 【うつせみびより】

花鳥園の色を撮るというテーマに気づいたのは帰宅後 <第2回>

冬の花鳥園2-1

PENTAX K10D+TAMRON 70-300mm f4-5.6 Di / smc Takumar 135mm f2.5



 今日は花鳥園シリーズの第2回をお送りします。
 毎回違うデジとレンズを持っていって、新たなテーマを探しているのだけど、今回はそれがちょっと曖昧になってしまった。飛びものを撮るために買ったCanonのLレンズ80-200mm f2.8を持っていく予定だったのが、直前になって思いとどまったことで狙いが中途半端になった。どうしてやめてしまったかというと、その理由は次の写真にある。

冬の花鳥園2-9

 これは表から温室に戻ってきて撮った一枚で、ソフトフォーカスレンズではなく、普通のレンズで撮っている。10度以下の室外から20度くらいある室内に入ってくると、急激な温度差でレンズが曇ってしまう。花のある温室は湿度も高いので、結露に近いような状態になってしまう。これでは怖くて高いレンズは持っていけない。
 というわけで、今回は最悪カビが生えても大丈夫なレンズを持っていくことになったのだった。次に行くのは早くても春で、その頃はもう外も暖かくなっているだろうから、今度こそ80-200mm f2.8と20Dの組み合わせで飛びものに再挑戦したいと思っている。

冬の花鳥園2-2

 今回ははっきりしたテーマもないまま撮ることになったわけだけど、帰ってきてから写真を見ていてテーマが見つかった。花鳥園の中にあるカラーに注目して撮ればよかったのだと気づいた。
 ただ、気づいたときはもう帰ってきたあとで、それを意識して撮ってないから、カラーに特化した写真は数枚しかない。惜しいことをした。カラーをテーマにして撮っていたら、もっといろんな色のコレクションができた。色とりどりの鳥たちがいる花鳥園では、色彩には事欠かない。
 上の写真でも、フラミンゴとセイタカシギのピンク色の足に注目していれば、もっとピンクを前面に出した写真を撮れたはずだ。

冬の花鳥園2-3

 白というのは無色に近いような感覚があるけど、自然界における白は強烈な個性を持つ色となる。白は目立つし、不利なことも多い。白い生き物というのは、弱いものが多い。
 そのはかなさもあるのか、人は白い生き物を美しいと思う。カラフルなクジャクもきれいだけど、シロクジャクも負けないくらい美しい。

冬の花鳥園2-4

 同じ白色でもハクチョウの白はまた別物だ。質感が違うと印象は違ってくる。防水だけに光沢がある。

冬の花鳥園2-5

 フクロウの目は、動物のような深みを持っている。普通の鳥の目とは全然違う。猫なんかに近い。
 目の色は微妙な個体差があって、オレンジでも黄色に近いものから赤みがかっているものまで色々だ。
 色を撮るなら、マクロレンズも必要不可欠となる。

冬の花鳥園2-6

 色といえば花で、常春の温室では一年中熱帯のスイレンが咲いている。
 ただ、温室の花というのは、どうも撮っていて楽しさが感じられないもので、花に加えてもう一つプラスアルファの要素が欲しい。
 蝶とかトンボとかが飛んでると嬉しいのだけど、やはりそれは鳥のエサになってしまうだろうか。
 水中で泳いでいる魚は、なかなか撮りづらい。

冬の花鳥園2-7

 面白い形をした花があった。フクシアの仲間だろうか。ピンク色も清楚で可憐だ。
 花の名前のプレートがあってもいいのかなと思う。

冬の花鳥園2-8

 今回はあまり人入り写真を撮らなかった。でもやっぱり、人が入っている写真が一番自分らしい写真だと思う。人がいる風景や光景が、私が一番撮りたい写真だから。

 花鳥園写真はたくさんあるようで意外とないかもしれない。枚数は撮っているけど、被写体が重複してるから、使えるものとなると案外少ない。写真の在庫はたっぷり集まったと安心してると、すぐに底を尽きそうだ。
 同じような写真が続くと私も飽きるから、また散策に出かけて写真を撮ってこないといけない。花鳥園シリーズは一気に終わらせようとせず、ぼちぼち続けていくことにしよう。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

なるぅほど☆

こんばんは☆
久しぶりの花鳥園ネタで楽しませてもらっています♪
なぜLレンズを持っていかなかったのかな?と不思議に思っていました。
てっきり花鳥園用に買われたと思っていたのでw
そういった理由でしたか!
寒い時期の花鳥園と名城公園のフラワーセンターは要注意ですね (^^;

2009-01-20 22:45 | from mimi | Edit

コアなファンだけ?

★mimiさん

 こんにちは。

 花鳥園ネタの一般受けはどうなんでしょうね。
 固定ファンしかないかも。(^^;
 でも、あそこは行ってみれば楽しさを知りますよね。
 鳥に興味がない人も、一度ぜひ行って欲しいです。

 冬場の温室はどこも危険ですねぇ。
 レンズの曇りはちょっと怖い。
 花鳥園は水滴がつくほどでした。

 暖かくなったら、連写で飛びものを狙いにいこうと思ってます。
 でも、大きくて重いから、持っていくだけでも大変。(^^;

2009-01-21 00:05 | from オオタ | Edit

どうも有り難うございます

ご紹介いただき有り難うございました。数日拝見していなくて、見てみたらびっくり。とても美しいお写真ばかりで、こんなふううに撮ってみたいなと思いました。

私はあそこだけなので、きょうは何撮ろう・・・なんて、ブログネタに途方に暮れてしまうこともよくありますが、色に焦点をあてて撮ってみるということは行ったことがなかったので、また試してみたいと思います。

コガネの飛翔は私も先日またやってみました。今月28日のUP予定です。もうコツがわかりましたので、あのスピードでも比較的簡単なのですが、温室内でターンするとき、皆でいっせいに向きを変えますので、その瞬間をと思っているのですが、あれはなかなか難しいですね。

レンズの曇りは危険なのですが、仕事柄そうも言っていられないので、自分はできれば車の中でカメラを暖めてから中に入るようにしています。だいぶ良いです。でも特にスイレンプールの場所はほかより温度も湿度も高く危険ですね。注意しなければ・・・

それでは、どうも有り難うございました。

2009-01-21 07:10 | from Toshihiro

あぁ・・固定ファンとは私の事ですね(笑)
花鳥園シリーズ大ファンです。あとサンデー料理。

シロクジャク、びっくりです。
クジャクにこんなのがいるのは知りませんでした。
子供の頃の図鑑には載ってなかったような・・
ホワイトタイガーみたいな珍種でしょうか・・・

なんにせよ美しいです。花嫁みたいです。

2009-01-21 19:11 | from ビアンキ | Edit

春を待ちながら

★Toshihiroさん

 こんにちは。
 先日、またお邪魔しました。
 もしかしてお会いできるかもと思っていたのですが、タイミングが合わなかったようで残念でした。
 あの日は風が強くてけっこう寒い日で、外と中との温度差がかなりありました。
 やはりレンズは曇りますね。(^^;
 一回拭いたらもう大丈夫でした。

 コガネの飛翔は、ぜひ真正面でお願いします、とリクエストしてみる。
 頭上スレスレを飛ぶときに正面から撮れたら面白い写真になりそうです。

 まだ撮ってきた写真があるので、しばらく花鳥園シリーズが続きそうです。
 そしてまた、暖かくなったら遊びに行きたいと思ってます。
 ブログも楽しみにしてます。(^^)

2009-01-22 03:12 | from オオタ | Edit

花嫁さん

★ビアンキさん

 シロクジャクは普通のインドクジャクの変種で、突然変異のアルビノではなく固定種になってるようです。
 インドやネパールなんかにはわりと普通にいるみたい。
 花嫁さんというたとえはいいですね。白一色というのも美しいものです。
 パナウェーブはどこへいったんだろう。

2009-01-22 03:27 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/1300-83b06dd2