日頃目にしている日常風景の写真を並べて小学生並みの早寝 - 現身日和 【うつせみびより】

日頃目にしている日常風景の写真を並べて小学生並みの早寝

日常の風景-1

PENTAX K10D+DA 16-45mm f4 / Canon EOS D60+EF28mm f2.8



 明日は朝っぱらから出かけないといけないので、今日は小学生並みの早寝になる。時間がないので、日常風景写真を並べて、もう寝てしまおう。
 ここ最近撮った、日常的な風景写真を集めてみた。

日常の風景-2

 田んぼもすっかり冬色となり、この色彩にも目が慣れた。
 この季節の田んぼにはエサもないのだろう、ケリの姿もない。飛んでいるのはセキレイくらいのものだ。
 瀬戸電の車庫に、シルバーの新型が止まっていた。最初は実験的な導入ということで、一日一往復から始まった。最近は往復の回数を増やしているのだろうか。

日常の風景-3

 この写真だけはちょっと古い。大晦日だったか、元日だったか。よく行く名東郵便局の裏だ。
 普段はこんなに配達車が並んでいることはない。これは年賀状用だったかもしれない。
 喪中で年賀状を休んだ私は、今日寒中見舞いの葉書を出して、遅ればせながら一仕事終えた気分になれた。

日常の風景-4

 夕暮れの下校中。
 横断歩道は絵になる可能性を持っているポイントだ。でも、なかなか、これだというシーンには当たらない。

日常の風景-5

 網フェンス越しの夕焼け空。特に意味はないけど、このシーンに惹かれて撮った。

日常の風景-6

 馴染みのセルフスタンド。
 レギュラーは100円を切って、ハイオクも107円くらいになった。一時は200円近くになってどうなるかと思ったけど、ここまで安くなると今度はスタンドがつぶれないか心配になる。仕入れ値が下がって、スタンドの利益というのはあまり変動がないのだろうか。
 値段にしたら小さな差だけど、気分的にはずいぶん違う。ガソリンが高いと、行こうかどうしようか迷ったとき、取りやめてしまいがちだ。安いと遠出にも行きやすくなる。

日常の風景-7

 今夜の月は十四夜。待宵月だ。
 明日は満月。午後から晴れてくるようだから、澄んだ夜空にきれいな月が見られそうだ。

日常の風景-8

 精密なグラデーションが、冬の夕焼け空らしい。空気感が冴え冴えとしている。秋も春も夏も、こんな空にはならない。
 今日は空気の冷たい一日だった。明日の午前中は、名古屋でも雪が舞うかもしれない。
 気をつけて、行って帰ってこよう。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/1291-efb6aa98