木に引っかかった凧はなつかしい光景だった - 現身日和 【うつせみびより】

木に引っかかった凧はなつかしい光景だった

木に引っかかった凧

Canon EOS D30+EF75-300mm(f4-5.6), f5.6, 1/30s(絞り優先)


 木の上に引っかかった凧を久しぶりに見た。かつてはよく見かけた光景だけど、ここ最近はまったくといっていいほど見なかったから、なんだかとてもなつかしく感じた。私自身、もう20年くらい凧揚げはしてないだろう。
 私たちが子供の頃は、誰もがお正月には凧揚げをしたものだ。もやしっ子も、女の子も、老いも若きも。ちょうど小学生のとき、ゲイラカイトが大ブームになった。ゲリラカイト? なんだそれ? 過激派か!? などととぼけたお年寄りを驚かせた例のあれだ。正式名は、セミフレクシブル・ソアリング・デルタということをさっき知った。なんですか? お年寄りというほどではない私でもそれは覚えられないぞ。そんな名前だったのか。
 冬休みに入る前、凧揚げは広いところでやりましょうとか、電線に引っかかったら感電するので電柱に登って取らないように、などという注意事項があったことを覚えている。実際、鉄塔に登って感電して死んだ人なんかもいたりして、大げさな話でもなかったのだ。テレビでも電力会社からそういうメッセージが流れていたと思う。正月明けはそれで電線マンは何度も出動させられていた。
 ここ10年くらい、凧を揚げてる人の姿を見てないような気がする。田舎でも見ないし、名古屋の公園でも見かけない。まったくやってないことはないんだろうけど、とにかく流行らなくなったことは確かだ。何年生まれくらいのところで凧を揚げられる人間と揚げられない人間の境があるんだろう?

 凧の発祥は中国だとする説が有力だ。春秋時代とも紀元前300年頃とも言われ、記録に出てくるものとしては、紀元前200年くらいの韓信というおっさんのエピソードが初登場とされている。敵の城を攻めるときに凧を作って揚げて、その糸の長さで距離を測ってトンネルを掘って、攻め落としたんだそうだ。それがはじまりのはじまりでもないだろうけど、最初は軍事目的だったというのは想像がつく。遊びとして揚げられるようになったのはずっと後のことだろう。
 紀元前100年頃には紙の凧が作られるようになり娯楽の要素も加わって、朝鮮から日本、東南アジア、南太平洋諸島、アジア大陸からヨーロッパ、アメリカ方面に伝わったようだ。
 ただ、ポリネシアやソロモン諸島などにはヤシやバナナなんかの葉を使った原始的な凧が今でもあるそうだから、必ずしも中国で発明されたものではなくて、同時発生的に世界のあちこちで生み出されたものなのかもしれない。
 日本に凧が伝わったのは、平安時代かその前くらいだったようだ。日本でも当初は武士や公家の武具として使われたらしい。庶民が揚げるようになったのは鎌倉時代からで、端午の節句に祝凧として揚げられるようになったことで一般に定着するようになった。庶民の遊びとなったのは江戸時代になってからだ。何しろ平和でやることがないから、江戸時代の人たちはいろんな遊びを考えた。江戸には多くの凧職人が生まれ、参勤交代で地方からやってきた武士が地元に持ち帰ったことで日本中に凧ブームが巻き起こることになる。ケンカ凧でホントのケンカになったり、火がついた凧が江戸城に落ちて大問題になったりで、凧揚げ禁止令もたびたび出されるほどブームは加熱したようだ。
 その後時代は明治、大正、昭和と新しいものが喜ばれる時代になり、凧は少しずつ衰退していった。平成の今は見る影もない。このまますたれてなくなってしまうには惜しい。

 ところでタコは元々イカだった。しっぽのヒラヒラがイカっぽかったのでそう呼ばれていたのを、意地っ張りの江戸っ子が、関西でイカならおいらたちはタコと呼ぶぜこんちくしょうとか言い出して、そこからだんだんタコになっていったようだ。タコアゲってのも考えてみると語感としてはちょっとヘンだけど、イカノボリってのもなんか気が抜けている。ずっとイカのままだったら違和感はなかったのかもしれないけど。
 タコは漢字で書くと凧。これは中国から来た漢字ではなく日本で生まれた文字だ。風がまえの中に布を意味する巾が入ってるというのは言われてみると当て字っぽい。中国では風箏と表記するそうだ。
 英語のkiteはとんびが語源で、ドイツ語は龍、フランス語はクワガタムシ、スペイン語は彗星、ポルトガル語はオウム、ロシア語はヘビを語源とする言葉が凧となっているんだとか。ここまでそれぞれの国でイメージがバラバラな言葉も珍しいんじゃないだろうか。

 日本ではすっかり流行らなくなった凧だけど、伝統を守るという意味での凧揚げは今でも冬の風物詩として各地で行われている。新年のニュースでもよく見かける。百畳の大凧だとか、連凧だとか、ケンカ凧だとか。
 形もいろいろあって、四角だけでなく、菱形、六角形、セミ、イカなどがあって、種類としては300種類もあるんだとか。各地の代表的な伝統凧として、江戸凧、津軽凧、六角凧、ケロリ凧、浜松凧、わんわん凧、土佐凧、八角凧などがある。
 凧揚げ大会は日本各地だけでなく、世界各国で行われていて、それぞれ活況を呈しているそうだ。世界中を回れば、一年中休むことなく凧揚げ大会に出ることができる。もしかしたら、凧揚げだけで食っているプロという人もいるのかもしれない。
 私とは関係ないところでみんなこっそり凧揚げしてたのね。私も誘って欲しかったよ。でも、おい、新人、思いっきり走れ! とか言われて、ハイっ! と勢いよく走り出したはいいけど、50メートルもいかないうちに足がもつれて顔面から地面に落ちそうな悲しい予感。なにやってんだ、おめぇ、使えねえな! とか言われて即クビ。正月早々、ひとりぼっちの私。そんな未来予想図が見えるから、やっぱり凧揚げに誘われても理由を付けてお断りしよう。すみません、ボク、四十肩で腕が上がらないんですよ、とかなんとか言って。それでも許してもらえなければ、ヒザに爆弾を抱えてることにしよう。
 でももし、河原でひとり、左手でゲイラカイトを揚げながら右手に持ったカメラで嬉しそうに写真を撮っている男がいたら、それはきっと私です。だからといって、凧揚げ大会に誘うのはやめてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

はじめまして!

偶然通りかかったのですが、綺麗な写真と読ませる文章に思わずじっくり見入ってしまいました!
そういえば、うちのほうでも(結構田舎なんですけど)凧揚げをしている姿を見なくなりましたね~。
本当に懐かしい光景です。
それにしても、凧はもともとイカだったとは存じませんでした。
身近にあるものでも調べていくと以外な事実があったりするんですね。

マコトに勝手ながら、オオタさんのブログを私のブログよりリンクさせていただきました。
また時々遊びにきさせてください!

2006-01-13 21:44 | from りくらむ | Edit

たこぉ~たこぉ~あーがれーって歌をいーかぁ~いーかぁ~あ~がれ♪
って歌ってしまった私です。
お正月の凧揚げや羽根つきはもう見かけなくなりましたね。寂しいもんです。
やっこだこなんかすごく懐かしい。。。
売ってないなら作ってしまえ!ということでお子が小さい頃ゴミ袋にマジックで絵を描き竹ひごと紙テープを用意して手作りのをあげて遊びました。
幼稚園や保育所なんかでもお正月の遊びとして凧揚げはもちろん羽つきとかこま回しなどやってるところは多いのではないかしら?
こま回し名人のお父さんとかが登場したりして。。。
それが今の子どもたちの思い出になるのでしょうが普段の遊びの思い出ではないのが残念な気もします。

2006-01-13 23:40 | from spiny

たまにマニアな野球ネタ

★りくらむさん

 はじめまして、こんにちは。
 いらっしゃいませ。歓迎しますので、いつでも遊びに来てくださいね。(^^)

 凧揚げはもはや懐かしい光景になってしまいましたね。どこまでさかのぼれば見られたのかって記憶にないんだけど、少し前に小さな凧ブームがあったようななかったような。(^^;
 ここは自ら揚げて手本となるしかないかも?
 でも、人目のあるところでやってたら、格好の被写体になって、あちこちのブログで登場してしまいそうです(笑)。

 リンク、どうもありがとうございます。どうぞ、どうぞ。(^^)
 野球ネタは、ここではたまーにしか登場しないと思うけど、シーズンが始まったらもう少し出てくるかも。
 ゆる~い巨人ファンだけど、巨人の悪口言われても全然平気なんで、遠慮せずに書いてくださいね(笑)。
 りくらむさんは阪神ファンですか。源五郎丸洋はどうしてるでしょうね。って、検索したら、少年野球のコーチをしてるみたい?
 神宮球場へもよく行ってるんですね。だったら、ヤクルトの水谷新太郎コーチ見ます? 遠~い親戚なんだけど。(^^;

 今後ともよろしくお願いします。

2006-01-14 03:56 | from オオタ | Edit

イカノボリの歌を広めたい

★spinyさん

 イカアゲの歌が耳について離れなくなってませんか?(笑)
 正式には「イカノボリ」って言ったらしいから、いーかー、いーかー、のーぼーれー、です。人前で常に歌って、spinyさんのまわりで普及させてください。
 などと書いてる私が自らの罠にはまって、歌い続けてしまいそう。

 凧揚げもだけど、羽根突きはもっと見られなくなりましたね。あれは私たちが子供の頃でさえあまり見なかったから、もう絶滅寸前かも。
 昔は、テレビのお正月番組で芸能人が、負けたら顔に墨で落書きするってのをやってたけど、そういえばあれも見なくなりました。いつの間にか。
 独楽回しにしろ、メンコにしろ、今の子供がやって楽しいものではないかもしれないけど、手作りの楽しさってのは知っておいて欲しいですよね。遊ぶための創意工夫とか。

 幼稚園や保育所ってのは確かにやってそう。でも、私が幼稚園の外から写真を撮ってたら、きっと通報されるのでやめておきます(笑)。
 捕まってまで写真撮りたくないです。(^^;
 いろんな意味で暮らしにくい世の中になりました。

2006-01-14 04:05 | from オオタ | Edit

水谷コーチ!

お返事ありがとうございます!
水谷コーチのご親戚でらっしゃるのですか!
お背中の写真は何度もとってますよ(笑)
球場外ではファンの子供たちにサインを書いてらっしゃったりする姿も良く見かけます。
一応阪神ファンですが、12球団すべての選手を取り上げていますし、特定の球団や選手を批判するようなことはめったなことがない限り書きませんのでご安心ください(^_^;
実は、巨人の鈴木尚広選手のおかげで野球ファンになったので、巨人も嫌いじゃないんです。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

2006-01-14 22:22 | from りくらむ | Edit

新ちゃん大出世

★りくらむさん

 こんにちは。
 水谷の新ちゃんの背中を撮ってくれてありがとうございます(笑)。
 かなーり関係としては遠いんで、直接会ったことはないんですけどね。(^^;
 でも、現役時代のサインボールを持っている数少ない人間のひとりです(笑)。
 いつも2軍にばかりいたのに、まさか引退してからあんなにも長くコーチをやれるとは思ってもみなかったです。野村さんに案外気に入られてたのかな?

 りくらむさんが大らかな野球ファンということで安心しました。はは。
 私もそうなんで、また野球トークもしましょう。昔の中日球場の話とか。マーチンが頭を気にして、ヘルメットと帽子を交換するとき早業のように早かったとか(笑)。

 私の方からもリンクさせていただきました。
 タイトルが長かったので短縮になってしまってすみません。(^^;
 今後ともよろしくお願いします。(^^)

2006-01-15 03:47 | from オオタ | Edit

 ブログ拝見しました。昨日、義弟が姪の買ったばかりの凧を木に引っ掛けてどうなることかと心配しましたが甥と義弟がボールを投げて落としました。
凧の補修は母がやりました。
めでたしめでたし。

2012-01-04 09:56 | from 一般庶民

>一般庶民さん

 こんにちは。
 引っかかった凧が無事に取れてよかったですね。
 せっかくの楽しい思い出になるものだから。
 一時凧揚げはすっかり見なくなってましたが、最近またちょくちょく見かけるようになりました。

2012-01-04 21:51 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/122-70527f28