成人式の思い出と妄想で熱くなる冬の夜 - 現身日和 【うつせみびより】

成人式の思い出と妄想で熱くなる冬の夜

遠くに成人式

Canon EOS D30+EF28-105mm(f3.5-4.5), f4.5, 1/30s(絞り優先)


 今日は元服式だっけ? 違った? 元服式っていつから廃止になってしまったんだろうという素朴な疑念を抱きつつ、夕方成人式に参加した人の写真を撮りに街に向かった。しかし、日暮れ間近に街をうろついてる新成人なんてそういるもんじゃない。なんにもすることがなければとっくに家に帰ってるし、友達がいればどこかに遊びに行っている時間帯だ。新成人はいねぇか~。悪い子はいねぇか~。と秋田のなまはげのようにあちこち探し歩いてようやく名古屋城近辺で第一新成人を発見! しかし、遠~い。こんなところで名古屋の広い道路が邪魔をするとは。もっと近くで撮りろうと、望遠レンズに交換してたら信号が変わってしまい発進せざるを得なくなった。そしてその後、ついに第二新成人に出会うことなく日没となってしまったのだった。
 とはいえ、どうにか新成人の姿を捉えることができてよかった。今日は成人式のことを書こうと思っていたから、もしこれを撮れなかったら自分の成人式の写真を出してきて使わなければいけないところだった。危ないところだった。夕方までうろいてくれていた新成人の女の子に感謝しよう。

 成人式に対して特別な思い入れがあるわけではないし、物申すような意見もない。ただ、いろんな問題はあっても、そんなに悪いもんじゃないと私は思うのだ。ニュースになるような表面的なことだけじゃなく、見えないところでいくつもの小さなドラマが起こっている。そこに価値を見いだしたい。クリスマスイブとかバレンタインとかと同じように。
 私のときは、何故かいくつかの学区が集められた合同成人式だった。曲がりなりにも名古屋市内なのに、なんであんなふうに合同にしたのか謎だった。その後どうなったかも知らないけど、近所の金城学院でたくさんの学校が集まって行われた。
 赤いワンダーシビックで乗り付けてみると、やたら人が多い。数千人はいただろうか。全然見知らぬ顔ばかりで、友達を探しても探してもなかなか見つからない。おいおい、みんなどこだよぅ、と20歳なのに迷子の気分。それはみんなも同じだったようで、やっと巡り会えた同級生と手と手を取り合わんばかりに喜んだものだった。大して親しくもなかったのに。
 その間も密かに私は、中学のとき好きだった子を必死に探していた。友達との会話も上の空で、さりげなく。しかし、いくら探しても見つからない。そうこうしてるうちに式は始まる。こ、こんなはずでは! 私はあんたの話を聞きに来たんじゃない、彼女に会いに来たんだー、と弾正のおっさんに言いたかった。
 会が終わって、どうにか出会って小さなグループになっていた同級生同士が集まることができた。そこにも彼女の姿はなかった。そして、そのまま遊ぶ相談がまとまり、私も一緒に行くことになった。彼女のことは気になっていたけど、当時の私は今以上の照れ屋さんで、そんなことは言い出せなかった。
 夜になって家に帰ってみると、その彼女から電話があったという。ふーん、と言いながら私は泣いた、心の中で。もしあのとき会場で出会っていれば、ああなってこうなって今ごろは……とあれこれ想像して身もだえたけど、結局縁がなかったということだろう。物事にはタイミングというものがある。今の成人にはそんなことはないかもしれないけど、あの時代は成人式で再会するということには特別な意味があったのだ。
 それから数年に渡って私は心の中で叫び続けることになる。合同成人式のバカ! と。

 思い出話を書いていたら長くなってしまった。本当は成人式の歴史とか、20年前の1985年から1986年にかけての出来事とかを書くつもりだったのに、これ以上だと長くなりすぎる。成人式の甘酸っぱくてほろ苦い記憶に熱くなりすぎたようだ。成人式と私は微妙に相性が悪いのかもしれない。
 よし、こうなった成人式のやり直しだ。あらたな思い出を作るために、来年は私も成人式に参加してやる! もちろん新成人としてだ。そうだ成人式、行こう。JR東海に乗って(あえて電車)。
 問題は20歳に見えるかどうかだ。正直、かなり無理がある。しかし、入り口でとがめられて、父兄の方はこちらです、と父兄席に案内されたら格好悪すぎる。そっちの席ではロマンスは生まれないぞ(年齢的にはそっちの方が明らかに近いんだけど)。いくら苦労が顔に出ないタイプの私をもってしても新成人と言い張るのは無謀か!?
 でも、よく老けてるって言われるんスよ~とか言いながらなんとかもぐり込みたいと思う。さりげなく数人のグループに紛れ込むという手もある。免許証は家に置いていこう。
 もし、今年も荒れる成人式、というニュースで会場の入り口で入れてもらえずに暴れているちょっと20歳に見えない男を見たらそれは私かもしれません。ビデオに録画して永久保存版にしてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/119-760cdc46