現身日和 【うつせみびより】

入り口の門が記憶に残る三本松神明社

三本松神明社

 熱田区三本松にある神明社(地図)。
 表から見る限り、神明社らしくない。鳥居の前に門があって、その門のデザインがちょっと変わっている。どこかオリエンタル風とでもいおうか。
 神明社と彫られた社号標は自然石を使っている。これもかなり珍しい。
 歴史についてはほとんど何も分からなかった。書けることに関しては神社サイトの三本松神明社のページに書いた。



三本松神明社境内

 とりあえず境内の写真も残しておく。



三本松神明社本社と供え物

 入り口を門でしっかり固めているのに、肝心の本社周りがスカスカで晒され感が強い。こここそ囲わないといけないんじゃないか。

【アクセス】
 ・名鉄名古屋本線「神宮前駅」から徒歩約5分
 ・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ

松岡神社に鴻の巣があったのは遠い昔のこと

松岡神社

 熱田駅方面から大津通を西に行くと左手に小さな神社がある。松岡神社という神社だ(地図)。
 この道を通る人なら神社の存在に気づいているかもしれない。ただ、ちょっと寄ろうにも車を停めておける場所ではないのでそのまま素通りになりがちだと思う。少し離れたところにも路上駐車しておけそうな場所が見当たらず、熱田神宮の駐車場から歩くには少し遠い。
 私もこの通りは何度も通っていながら訪れたのは今回が初めてだった。
 祭神は尾治多那久摩連命というのだけど、おそらく知っている人はほとんどいないと思う。尾張氏一族の誰かなんだろうけど、調べても情報がない。
 社伝によるとヤマトタケル東征に従って各地で活躍した人というのだけど、尾張氏の系図にも出てこない。
 熱田神宮神職の松岡家が守ってきた神社ということで松岡神社と名付けられたようだ。
 その外、歴史などについては神社サイトの松岡神社のページで。



松岡神社境内と社

 境内入ってすぐに社がふたつ並んでいる。小さい方の社で誰を祭っているかは分からない。
 道路の拡張もあって狭い境内になってしまったものと思われる。



松岡神社境内全景

 境内全景はこんな感じ。



松岡神社外から見たところ

 かつて鴻の巣と呼ばれた頃の風景を思い浮かべるのは難しい。わずかに残った木も散々に枝を落とされてしまって、これでは鳩の巣さえ作れそうにない。

【アクセス】
・JR東海道本線「熱田駅」から徒歩約5分
・地下鉄名城線「神宮西駅」から徒歩約3分
・駐車場 なし
 

スポンサーリンク

関連記事ページ

常雲寺の庚申堂も再訪して三猿を確かめる

常雲寺三猿

 守山区の間黒神社を再訪したとき、近くの常雲寺(地図)にも寄っていった。
 久々に間黒神社を再訪すると印象が変わった
 常雲寺を再訪したのも理由があった。庚申堂の前の三猿のうち見猿と聞か猿はいたのだけど、言わ猿を見つけられなかったのが気になっていたのだった。
 その答えはすぐ目の前にあったのに以前はまったく気づかなかった。両側の2体の他にもう1体いると思い込んでしまったのが要因だった。まさかお母さん見猿のお腹の下にいるとは思わなかった。ここにいたか。
 これで間黒神社ともどもすっきりして心残りがなくなった。こんな簡単なことに9年もかかってしまうとは。



常雲寺本堂

 庚申の歴史などについては前回2008年に訊ねたときのブログに書いたのでよかったら参照されてください。
 幸心地区二つの寺社巡りで歴史の意外なつながりを知ることとなった



常雲寺三猿揃い




常雲寺の風景

【アクセス】
 ・JR中央本線「新守山駅」から徒歩約12分
 ・駐車場 たぶんあり
 

スポンサーリンク

関連記事ページ