現身日和 【うつせみびより】

伊勢山神明社はお伊勢さんの巻物を祀る名古屋出張所

伊勢山神明神社入り口

 名古屋市中区伊勢山にある神明社を訪ねた。
 金山駅の北、もしくは東別院の南といった方が分かりやすいだろうか。
 伊勢山の町名は、この神明社が伊勢山と呼ばれる小山にあることから名付けられたのだと思う。伊勢は伊勢の神宮の伊勢で、小山は古墳だ。どういうことか少し説明する必要がある。

 地形的にいうと、ここはちょうど名古屋台地の中間あたりで、西の端になる。名古屋台地の南が熱田で、北の端に名古屋城がある。西を流れる堀川が台地の縁の外に当たる。
 縄文時代は今よりも海面が数メートル高かったため、名古屋の西半分の低地は海の底だった。だんだん海岸線が後退して、それまで高台に住んでいた人々が平地に進出するようになる。
 そうして弥生時代以降、水が引いた平地に集落ができ、高台となった台地には古墳が築かれた。
 今はなくなってしまった大須二子山古墳は、全長130メートルほどの前方後円墳で、東海地方では最大規模のものだった。その他、富士見町遺跡や古墳などが多数見つかっている。社殿の下にある古墳は神明社古墳と名付けられている。
 室町時代前期の南北城時代、京都をはじめ各地で戦乱が起こり、伊勢の神宮もそれに巻き込まれることになる。神宮領が侵略されたり焼き討ちにあったりして、貴重な宝なども多数持ち出されたという。
 その中のひとつ、秘宝の巻物が尾張のこの地に持ち込まれ、古墳の上に祀られることになった。それがここの古墳の上で、1338年のことという。
 表向きは伊勢の神宮からアマテラスを勧請して祀ったとされているけど、実際のところはそういうことだったという話だ。古墳は伊勢山と呼ばれるようになり、巻の森とも呼ばれた。
 ただ、神社にある由緒書きには別のことが書いてあった。創建は室町以前で、巻物は慶長年間(1596年-1615年)に、御師(おんし)が巡拝のときに巻物を収めたのだと。
 どちらの話が正しいのかは分からないけど、南北朝時代の混乱期に散逸した巻物を手に入れて祀ったという方がリアリティとしてはあるように思う。
 伊勢の神宮が皇室ゆかりの神社となるのは、天武天皇、持統天皇の時代からで、それからしばらくは天皇専門の神社とされ、庶民はもちろん、皇室も簡単には参れなくなった。
 事情が変わるのが南北朝時代で、神宮は荒廃して、式年遷宮をするお金もなくなり、仕方なく一般庶民に門戸を開いてお金を集めることにした。それで生まれたのが伊勢を案内する御師という人たちだった。今でいう観光案内人のようなもので、神宮に参拝に訪れた人たちのお世話をする係だ。
 江戸時代、お伊勢参りが爆発的なブームになったのはよく知られている。
 伊勢山神明社は、お伊勢さんの出張所のような役割を果たし、伊勢まで行けない人がここに詣ってお伊勢参りの代わりにしたそうだ。



伊勢山神明神社

 蕃塀(ばんぺい)を越えて参道を進むと、左手にオールドファッションの二階建てアパートがせり出し、その奥には神社のものらしい古式ゆかしい建物が建っている。アパートの前には子供用の自転車が置かれ、灯籠の前には分別用のゴミ箱が並ぶ。
 なんて生活感が溢れる神社なんだと思う。
 それにしても、左手の建物の食い込み方はどうしたことだろう。参道正面から見る拝殿を一部隠すほどのせり出し感。右手は開放的で広々としているのに、左側の狭苦しさったらない。
 なんか面白い神社だなという印象を残した。



伊勢山神明神社境内

 神社境内の様子。
 左手に写っている二階建ては古い旅館のような建物だ。神社関係者の宿泊施設とかだろうか。



伊勢山神明神社内アパート




伊勢山神明神社境内上から

 拝殿の前から境内を見下ろしたところ。
 古墳の上だけに小高い。
 全国的にはどうなのか知らないのだけど、名古屋は古墳の上に神社が乗っていることが多い。
 神明社古墳についてはよく知らない。大須二子山古墳は6世紀前半のものとされているけど、正式な発掘調査が行われる前に壊されたため詳しいことは分かっていない。距離的に見ても、熱田の断夫山古墳(だんぷさんこふん)と無関係とは思えない。断夫山古墳は尾張氏の首長のものだろうといわれているから、神明社古墳もその関係者の可能性が高そうだ。



伊勢山神明神社豊春稲荷社

 豊春稲荷社はなかなかいい稲荷社だ。



豊春稲荷社朱鳥居




豊春稲荷社の社




伊勢山神明神社境内社

 相殿に熱田大神と加具土大神(カグツチ)を祀る。
 熱田の神を祀るのは、古墳の埋葬者との関係だろうか。
 カグツチはどういう経緯で祀られることになったのかよく分からない。
 境内社として、津島社と塩竈社(しおがましゃ)を合同で祀る社がある。塩竈社は宮城県の鹽竈神社(しおがまじんじゃ)から勧請したものだろうか。



境内の巨木




伊勢山神明神社鳥居と注連縄


【アクセス】
 ・地下鉄名城線「東別院駅」から徒歩約4分
 ・駐車場 なし(境内に可かも)
 ・拝観時間 終日
 

スポンサーリンク

関連記事ページ

ブリはどうやってもブリなサンデー料理

サンデー料理

 神社サイトにかかりきりの状態が続く。今年は梅さえ撮りにいけずに終わるかもしれない。桜の頃にはひと段落しているだろうか。
 サンデー料理は変わらない。今週は少し変化球だった。滅多に使わないブリを使ってみた。



ブリの変化

「ブリのからしマヨネーズしょう油焼き」
 ブリといえば照り焼きかブリ大根と相場が決まっているけど、それでは面白くないということで違う味付けに挑戦してみた。
 からしマヨネーズしょう油味。
 失敗ではないけど大成功とは言えない。ブリは魚自体の味が強いから、それを上回るくらい強い味付けでないと負けてしまう。というか、ブリは何味でもブリでしかないということかもしれない。フライにしてもブリはブリだ。



ナスと鶏肉のケチャップ

「ナスと鶏肉のケチャップ炒め卵そぼろ混ぜ」
 ナスと鶏肉をケチャップその他で炒めて、そぼろ卵をあとから混ぜ合わせる。
 もう一色あるともっと華やかな色味になっただろう。



白菜とニンジンの牛乳スープ

「白菜とニンジンのコンソメ牛乳スープチーズ入り」
 簡単に言うと牛乳スープ。とろけるチーズを入れるのがちょっとしたポイント。
 具材は野菜やキノコ類なら何でも合うと思う。
 

スポンサーリンク

関連記事ページ

吹上八幡社を訪ねる

吹上八幡社入り口

 名古屋市千種区の吹上(ふきあげ)。広い幹線道路の若宮大通から少し北に入ったところに八幡社がある。表通りからは見えないので、この通りをよく通るという人でもその存在を知らないかもしれない。
 他の八幡社と区別するために吹上八幡社と呼ばれることも多い。
 もともとここにあったわけではなく、少し南の昭和区御器所にあったようだ。
 創建は江戸時代末期の1858年。
 明治19年(1886年)に氏子の希望でこの地に移されたという。
 御器所の八幡といえば御器所八幡宮がある。
 御器所八幡宮は八幡らしい八幡社と感じた
 あちらは創建が平安時代ともいわれる古い神社だ。御器所村の氏神が八幡大菩薩ということで、御器所村にはいくつかの八幡社があったようだ。『尾張志』には「神之内(しむのうち)という所にあり」とあるけど、それはこのことではない。『尾張志』の完成が1844年で、この八幡社の創建は1858年だから。

 吹上という地名は全国にあって、由来については諸説あってはっきりしない。
 太古の昔、このあたりまで海岸線が来ていて、海が後退したにできた土地ということで砂地だったのだろう。風の通り道で風がよく吹き上がるということで吹上と名付けられたのではないかと考えられている。
 吹上というと、名古屋の人間にとって吹上ホールがある場所として認識している人が多いんじゃないだろうか。しかし、隣接する吹上公園に名古屋刑務所があったことを知る人があまり多くないかもしれない。かつては愛知監獄、名古屋監獄という名称だった。
 若宮大通を作るに際して一部が引っかかるということで移されることになり、昭和37年(1962年)に三好町に移転した。
 監獄が作られるまでは茶臼山古墳と太郎塚という二つの古墳があったというが、今はもう跡形もない。古墳でいうと、鶴舞公園の東に八幡山古墳が残っている。
 吹上公園は、鶴舞公園の分園として昭和44年(1969年)に開園した。



吹上八幡社拝殿

 八幡社は端正な感じがするところが多い。この神社もそうだった。
 境内も思ったより広くて、雰囲気もなかなか悪くない。訪れる前に地図で確認したときはもっとこぢんまりした神社を想像してた。



吹上八幡社狛犬

 彫りの浅い狛犬。
 大正8年(1919年)の銘が刻まれている。
 


吹上八幡社社殿

 社殿は昭和の再建だろうけど、結構年季が入っている。建築様式は江戸末期のものをそのまま受け継いでいるのだろうか。



吹上八幡社境内社

 境内社が一ヶ所に集められている。
 どこの社なのかは確認していない。



吹上八幡社小さな社をおまいり




吹上八幡ご神木

 ご神木はイチョウだったか。



吹上八幡社鳥居と紙垂


【アクセス】
 ・地下鉄桜通線「吹上駅」から徒歩約13分
 ・駐車場 なし
 ・拝観時間 終日
 

スポンサーリンク

関連記事ページ