現身日和 【うつせみびより】

八幡神の陰に女神を感じる鳴海八幡宮

鳴海八幡宮

 名古屋市緑区にある鳴海八幡宮(地図)は、成海神社の別宮とされることがある。公式にそううたっているわけではないようなので、決めつけてしまうのはやや問題かもしれない。
 成海神社との関係性を含めて、ここもなかなか理解するのが難しい神社だ。創建のいきさつなども分かっていることは少ない。祭神についても、八幡社なのにどうしてニニギやタマヨリヒメやツクヨミを祀っているのか分からない。
 そのあたりについては神社サイトの鳴海八幡宮のページに書いたので、興味ある方はご覧ください。

 訪れたのはまだ桜が残る時期だった。落下盛んで花びらが光を受けてちらちら舞い散る姿が美しかった。今頃はすっかり新緑になっているだろうから、訪れるタイミングが違っていたら印象もまた違うものになっていただろう。
 なかなか気持ちのいい神社だった。八幡らしさも感じられたのだけど、それだけではないようにも思った。境内社の顔ぶれがけっこう変わっていて、普通の八幡社の枠には収まらない。大胆に言い切ってしまうと、ここは八幡社として創建された神社ではないと思う。途中のどこかで八幡社になっただけで、やはり成海神社の別宮だったのではないだろうか。少し女性っぽさを感じたのは、桜のせいも少しあっただろうか。



鳴海八幡朱塗りの八幡鳥居




鳴海八幡拝殿

 社殿がコンクリート造だったとしても、古い神社ではないということではない。ただ、やはり説得力にやや欠ける。
 名古屋城天守ではないけど、古い歴史のある神社は木造での再建をお願いしたい。



鳴海八幡香良洲神社

 稚日女尊(ワカヒルメ)を祀る香良洲神社。この神社は名古屋市内の他の場所で見た覚えがない。
 機織りの女神で、小屋で機を織っていたらスサノオが暴れまくって命を落とすことになった。アマテラスが天の岩戸に隠れることになった要因のひとつともなった事件だ。
 香良洲神社は三重県津市に本社というべき神社がある。



香良洲神社




鳴海八幡稲荷社

 鳴海稲荷。



鳴海八幡北野天満宮

 天満社。



鳴海八幡御神木楠




鳴海八幡境内の風景

 【アクセス】
 ・名鉄名古屋本線「鳴海駅」から徒歩約20分
 ・JR東海道本線「大高駅」から徒歩約12分
 ・駐車場 あり(無料)
 

スポンサーリンク

関連記事ページ

南区の星宮社は私にとって特別な神社のひとつとなった

星宮社

 南区星﨑にある星宮社(地図)。
 私にとって特別な神社のひとつとして長く印象に残ることになりそうだ。神社全体から喜びの歌が聞こえてくるようだった。なんて楽しげで嬉しそうなんだろうと思った。こんな神社は他には知らない。
 いろいろ複雑な経緯を辿っていて、すべてを解き明かすのは難しい。分からないながらも自分なりの考察を神社サイトの星宮社のページに書いた。
 ただ、それもこの神社についてはあまり重要ではないように感じた。個人的に好きというだけで充分といえば充分だ。
 かつてこの場所は、海に突き出した岬の突端だった。夜の海からは波音だけが聞こえ、目の前には遮るもののない満天の星空が広がっている。そんな光景をこの神社の境内に立って思い浮かべていた。



星宮社御神木の楠




星宮社入り口の橋

『尾張名所図会』を見ると、境内の前に小川が流れていて小さな橋が架かっていたことが分かる。
 現在のものは模擬の橋だ。小川はもうない。



星宮社拝殿




星宮社境内社と本殿




星宮社上知我麻神社と下知我麻神社

 本殿より奥の上の方に上知我麻神社と下知我麻神社がある。
 この空間にも独特の空気感がある。



星宮社本殿屋根




星宮社境内社




星宮社絵馬




星宮社石を祀る




星宮社拝殿の寄付者一覧




星宮社楠の姿

【アクセス】
 ・名鉄名古屋本線「本星﨑駅」から徒歩約7分
 ・JR東海道本線「笠寺駅」から徒歩約28分
 ・駐車場 なし(スペースあり)
 

スポンサーリンク

関連記事ページ

民間信仰から生まれた小さな神社、石神社

石神社入り口

 名古屋市南区の名鉄・本星﨑駅を出てすぐのところにある小さな神社、石神社(地図)。
 石を御神体として祀っているから石神社(いしじんじゃ)というのだけど、本当のところはミシャクジ信仰と呼ばれる民間信仰から来ているような気がする。
 お参りすると歯痛、神経痛が治るというクチコミが広がり、お礼にしゃもじを奉納したことから、おしゃもじ様と呼ばれるようになったのだとか。
 シャモジも、石神(シャクジ)も、ミシャクジに通じる。
 ミシャクジ信仰は諏訪地方の古い信仰が起源となっているという説がある。ただ、民間信仰というのは同時発生的で、多様な広がりを持っているから、何かひとつをルーツとするのは無理がある。なかなか理解するのが難しくもある。
 ここは地域で守る石神さん、ということでいいのだろう。大切に守られているのが伝わってくる。
 もう少しくわしいことは、神社サイトの石神神社のページで。



石神社鳥居と参道




石神社鳥居と御神木




石神社御神木と拝殿

 拝殿をかすめるようにして伸びる御神木。
 祭神は一応、イザナギか、サルタヒコということになっているらしい。
 道祖神のようなものということで、サルタヒコと同一視した可能性の方が高そうだ。



石神社境内社




石神社参道と境内

 境内のほぼ全景。
 それでも、鳥居、参道、灯籠、御神木、拝殿など、ひととおりのものは揃っている。

【アクセス】
 ・名鉄名古屋本線「本星﨑駅」から徒歩約1分
 ・駐車場 なし

スポンサーリンク

関連記事ページ